木村、プログラミングに触れる。

エッセイ

木村です。

先日googleから発表された「都道府県別一緒に県名と一緒にググられた言葉ランキング」で「肉フェス」「BRT」「ラーメン二郎」などなど今年県内を賑わせたトレンドを抑え新潟県の1位はまさかの「ロシア村」とのこと。

しばらく新潟を離れていた私が知らぬ間に新潟県民のロシア愛が頂点に達していたようです。

生まれてくる時代が早すぎたロシア村、同情を禁じえません。

各都道府県のランキングもそれぞれの1年が反映されていて想像力が掻き立てられるものばかり。

とりわけ三重県に関しては1位から4位まで「地鳴り」「台風」「サメ」「サミット」と

激動の一年だったことを連想させるワードが並ぶわけですが、5位に「花火大会2015」とランクインしたのをみるとほっこりします。

夏の夜空に浮かぶ花火は災害などで疲弊した三重県民の心に沁みわたったことでしょう

三重の方にとって2016年がさらに良い年でありますように。

木村、プログラミングに触れる

と、かくいう私も新年に向けて新たなチャレンジをしたいと考えておりまして

今回はプログラミングをやってみました。

プログラミング

業務の性質上、自分で直接プログラミングする機会はほとんどないものの、やはり最低限の知識として

必要なところくらいは抑えておかなければなりません

困ったときには先生もおります。文系おじさん。インドとスナックを愛するあの人です。

1:木村、プログラミングとは何かを知る

学習帳

プログラミングをやると言っても何をすればいいのか分からないのでまずは勉強から。

現時点で私が持ち合わせる情報としては「パソコンの黒い画面に謎のアルファベットを打ち込む」

というレベルですので、「あの黒い画面は何か?」「謎のアルファベットは何か?」というところを調べました。

プログラミング

調査の結果どうやらあの黒い画面はエディターと呼ばれ文字を入力するためのもの、

謎のアルファベットはHTMLとよばれるもので、「エディターにHTMLを打つことで作りたいオリジナルページが出来上がる」ということが判明いたしました。

私、やったらできる子です。

2:木村、準備をする。

そうと分かればさっそくやってみるしかありません。

目の前に座り黙々と作業している文系おじさん(以下おじさん)に相談しエディターを手に入れます

プログラミング

き「エディターが欲しいんですが…」

お「(スナックに行きたそうな顔で)それならCODEPENがいいですよ。作りながら動きが見れるから」

さっそく言われるがままにサイトに向かうと、なんと全編英語…

き「これ全部英語なんですが…?」

お「(スナックに行きたそうな顔で)制作やってると結構多いですねぇ、英語のサイトしかないみたいな。」

き「わかりました…」と息も絶え絶えに何とかダウンロード。早くも帰って晩御飯が食べたくなりました。

(晩御飯にぴったりの新潟の名産品がLINEスタンプになったよ♪ 新潟弁deGO!LINEスタンプ好評発売中!

3:木村、プログラマーになる

インストールすると現れたのは「HTML」「CSS」「JS」の3つの黒い画面。

HTMLは先ほどの勉強で学んだのでHTMLを触ってみます。

格闘すること1時間。出来上がったHTMLがこちらです。

練習

4:木村、悟る

練習

これは練習です

みなさんはわずか2行で表示できるこの言葉を伝えるためにどれほどの苦労をしたことがあるでしょうか?

プログラミング

人は時にコミュニケーションの大切さを軽んじてしまうことがあります。

今回のチャレンジで学んだもの、それはプログラミングのやり方だけではありません

「誰かに」伝える、「何かを」伝える。

HTMLは私に「伝える」大切さを教えてくれたのです。

地球温暖化や民族紛争、経済不安…私たちを取り巻く環境は日々変化し続けます、

そんな不安な時代を生きている私たちだからこそHTMLの大切さをもっと噛みしめ、HTMLとともに生きなければならない。

そう気づかせてくれた素晴らしい経験でした。

御清聴ありがとうございました。

次回はプログラミングをやめ、沼垂を歩きます。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。