【アルビ日記】2018年J2第13節・大分戦 1-2

フットボール

こんにちは、ヒグチです。

アルビレックス新潟を応援しています。

4連敗のあと2連勝でのぞんだ第13節大分トリニータ戦。
ゴールデンウィーク最終日のホームゲーム、好天にも恵まれ、アルビとしては今後の戦い方を左右すると言っても過言ではないくらい、もうぜったいに、何がなんでも勝ちたいゲームでした。

対する大分は目下J2首位を走っている好チーム。
かつてサンフレッチェ広島で左サイドを疾走していた片野坂監督のもと、守備も攻撃もよく整理された強敵です。

連休の最終日に大分からビッグスワンにやってきた大分サポのみなさんには拍手を送りたいです。
太鼓を力強く叩いていた女性サポーターが印象的でした。
新潟はとりあえず晴れてよかった。

1-2の惜敗。でも内容は良くなっている気がする

結果は1-2の敗戦。
ほんとうに惜しい試合でした。
ここ最近では内容もよかっただけに無念。。

先制されたけど、きれいなゴールですぐに追いついたから、スタジアムのムードは一気に盛り上がりましたね。
16番、新潟出身の渡邉新太選手の2戦連発はうれしい材料です。ガムシャラで気持ちがいいし、勝負強い。

あとは34番原輝綺選手もよかった。
守備はもともとよかったけど、今までと明らかに違ったのが攻撃参加の意識。
オーバーラップから何度もクロスを上げてチャンスを作ってました。
右サイドハーフに入った26番戸嶋選手とのコンビネーションで、守備面の負担とかも軽減されたのでしょうか。

大分は首位だけあってさすがにスリーバックの守備も堅いし、攻撃にも鋭さがありました。
中盤の川西選手のボール運びはキレがあったし、左サイド那須川選手のクロスも脅威でした(そして実際にやられてしまった)。
それでもアルビの選手は集中して対応し、後半はだいぶ押し込んでいました。
ソンジュフン選手が難しいクロスの対応からオウンゴールをしてしまいましたが、
その後スタンドから「ジュフンコール」が出てきたのはうれしかったですね。アルビサポのあったかさです。

連勝ストップしてしまいましたが、J2はまだ3分の1が終わったところ。
まだまだシーズンは永いし、チーム状態は上がってきているはずです。

11番、期待のターレス選手は、ポテンシャルを発揮し始めてます。
とにかくフィジカルが強靭。相手陣内の競り合いでもだいたい勝ってマイボールにしてる気がします。
自分がディフェンダーだったら競り合うのイヤですもん。

鈴木監督の志向するポゼッションのスタイルを洗練させ、
かつターレス選手という武器も使いながら、より強いアルビをみせてほしいですね。

ビッグスワン

19,000人が詰めかけた。J2の他のチームと比べると改めてすごい数字です

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。