【アルビ日記】2018年J2第14節・千葉戦 2-1

フットボール

こんにちは、ヒグチです。

アルビレックス新潟を応援しています。

千葉のホーム「フクアリ(フクダ電子アリーナ)」に乗り込んでのアウェーゲーム。
前節はホームで悔しい敗戦を喫したものの、そのあとのルヴァンカップで劇的な勝利を収めただけに、その流れをリーグ戦に持ってきたい…
そんな祈りが込められた大事な試合です。

アルビはスタメンは前節のリーグ戦と変更なし。鈴木監督はこのメンバーにある程度の手応えを感じているのか、ある程度決めて練度を上げたいのか。ただ前線の並びが変わっていて、ツートップはターレス選手と二戦連発と好調の渡邉新太選手に。新太選手は前節まで左サイドハーフでした。で、左サイドには新太選手と同じ大卒ルーキーの戸嶋選手、右サイドにベテラン小川選手、という並びになりました。
今ノッていてシュート意識も高い新太選手をよりゴールに近いところでプレーさせる、という感じでしょうか。

千葉のメンバーにも歴戦の猛者がちらほら。センターバックの二枚は柏時代からの経験豊富なコンビ、近藤選手と増嶋選手。右サイドバックに広島時代トップ下でキレを見せていた茶島選手。中盤に元名古屋の矢田選手、前線にかつての松本山雅のエース、船山選手。彼らの勇姿をみられるのも楽しみです。

前半劣勢からの後半巻き返し。選手交代もハマった

試合はこないだのルヴァンFC東京戦に続き、劇的な逆転劇でした。観戦後のビールもうまかったー

前半は劣勢。千葉はラリベイ選手、新潟はターレス選手と最前線にターゲットを置いて、そこで起点を作りたいという狙いは共通していたと思うのですが、ハマったのは千葉の方でした。
勢いに押され、セカンドボールもことごとく拾われ…
さすがホームに強い千葉、という感じで。で、そのラリベイの頭で先制ゴールを奪われました。

ただこのあとがよかった。
後半に鈴木監督は2枚のカードを切ります。1枚はサイドハーフの交代、小川選手に代えて33番高木選手。そしてもう1枚は最前線、ターレス選手に代えて19番矢野選手。
この交代で、チーム全体に躍動感が生まれます。前からプレスがかかって守備がはめやすくなり、いいところ、いい形でボールを奪えるようになった。前半、ターレス選手に入ってからのサポートが少なくいい攻撃ができていなかったのですが、チーム全体の攻め方の意識も変化して、後半は全員で連動して攻められるようになりました。
そして新太選手の2ゴールが生まれます。
ひとつは思い切りのいいミドル、もう一つは安田選手の高品質なクロスからのダイビングヘッド(前で矢野選手がつぶれ役になっていることも見逃せません)。
終盤、ロングシュートがポストに当たる場面もあり、ハットトリックもあり得ました。新太選手は乗りに乗っていますね…!

アウェーで最高の勝ち方ができました。
次節、今度はホームで快勝がみたい…!

渡邉新太のダイビングヘッド

新太選手のダイビングヘッド

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。