昨日は「中秋の名月」、今夜は「スーパームーン」!

豆知識

おはようございます、樋口です。
昨日遠出しており、夜、帰りの高速道路上で車内から大きな月が見えました。
急に月に帰りたくなりました。
でもやり残していることもあるので、もう少しだけ地球でがんばってみようと思います。

あとで気づいたんですが、昨日は「中秋の名月」だったんですね。
そして今夜は、「スーパームーン」なるものが見られるそうです。

月ってたのしいです。
本日は月に関するよしなしごとをまとめてみました。

スーパームーン

「中秋の名月」とは

「中秋の名月」は、旧暦(天保暦)の八月十五日です。
「十五夜」という呼び名はここから来ています。

なぜ八月十五日かというと、7、8、9月のちょうどまんなかの日だからです。
旧暦だと7、8、9月が秋とされていたのです。

月見

月は秋がにみるのがよいとされ、その秋のちょうどまんなかの日に、もっとも美しい月が見られるという考え方です。

旧暦(天保暦)は、現在の暦よりおよそ一ヶ月早い数え方になります。
旧暦の7月は、だいたい現在の暦の8月。

旧暦の月の決め方

旧暦(天保暦)は、現在の暦と日の決め方が異なります。
旧暦では地球から見て月と太陽が同じ方向になる「朔」(「さく」と読みます。いまの言葉で新月のこと)の瞬間を含む日を毎月1日と設定します。
なので、旧暦では一ヶ月が月の周期とほぼ等しくなります。
3日に三日月、15日に満月となるんですね。

「中秋の名月」の日は毎年異なる

上記の決め方により、旧暦八月十五日 = 中秋の名月(十五夜)の日も、現在の暦の上では毎年変わってきます。
今年は9/27が中秋の名月だったというわけですね。

月見

ちなみに来年は9/15だそうです。

お月見を楽しもう

もう今年は終わってしまったのでアレなんですが、十五夜にはお月見を楽しみたいものです。

もともと十五夜の月見は作物の収穫を祝うという意味がありました。
美しい月を楽しむだけでなく、信仰の対象としてお供え物をする習慣が根付いたようです。

月見

月を見るときは、できるだけ灯りを消して、神秘的な雰囲気のなか、団子を食べたり月見酒をすすったりしたいものですね。

スーパームーン

ちなみに今夜は「スーパームーン」の日です。
中秋の名月とは打って変わって、西洋的なネーミングですね。

月見

スーパームーンは、下記にあるように、科学な定義に由来します。
中秋の名月とスーパームーンは、文系 vs 理系のバトルみたいで、心が躍ります!

スーパームーン…月が地球にもっとも近づいたとき、満月or新月の状態にあること

スーパームーンの時は、月がもっとも大きく光り輝く瞬間です。
ウサギのもちつきもより鮮明に見られることでしょう。

月見

スーパームーンが見られる日は年によっていろいろですが、今年は本日9/28しか見られないとのこと。
今宵は月のパワーを浴びて、心をフル充電してみてはいかがでしょうか。
月にかわって誰かにお仕置きされないように充分注意してください。


また月に帰りたくなってしまいそうです。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。