あらためて、ノーベル賞ってどんな賞?

豆知識

おはようございます。樋口です。
大村智さんの「生理学・医学賞」、梶田隆章さんの「物理学賞」で日本を湧かせている「ノーベル賞」。

そんな栄誉ある「ノーベル賞」について、基本的なことをまとめてみました。

これを読めば「ノーベル賞」のことが、ひととおり分かるかもです。

ノーベル賞

ノーベル賞とは

ノーベル賞の概要について、まずは、Wikipediaより引用します。

ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞である。
物理学、化学、生理学・医学、文学、平和、+経済学 の「5分野+1分野」で顕著な功績を残した人物に贈られる。
経済学賞だけはノーベルの意向とは関係なく死後70年あとに金融機関などの後押しにより設立されたものとなっている。

ヒゲ

アルフレッド・ノーベル(1833 – 1896)は、スウェーデンの発明家です。
ノーベルは、ダイナマイトなど爆薬の開発で富を築き、その財産をどうするか、死ぬ前に遺言を残します。
「この財産で基金を設立し、その利子を人類に貢献した人に毎年分配する」
これが遺言の内容で、これをもとにノーベル賞がつくられました。

ノーベル賞の概要

分野

ノーベル賞には、下記の6部門があります。

  • 物理学賞
  • 化学賞
  • 生理学・医学賞
  • 文学賞
  • 平和賞
  • 経済学賞(1968年に設立)

選考・受賞資格・賞金

ノーベル賞の選考過程は、秘密のベールに包まれており、発表当日まで予想することは困難です。
受賞資格は、発表の時点で本人が生存していることくらいなので、誰にでもチャンスはあるわけです。

ちなみに選考機関は、それぞれ下記のように定められています。

  • 物理学賞、化学賞、経済学賞・・・スウェーデン王立科学アカデミー
  • 生理学・医学賞・・・カロリンスカ研究所
  • 平和賞・・・ノルウェー・ノーベル委員会
  • 文学賞・・・スウェーデン・アカデミー

北欧で決められるんですね。
ちなみに毎年1回、各部門3人まで賞が送られています。
10月に受賞者が発表され、12月に授賞式が行われます

ヒゲ

受賞者にはメダルと賞状、そして賞金が送られます。
賞金額は毎年変動しますが、一部門につきおよそ1000万クローネ(スウェーデン通貨)。日本円にして約1億4000万円です。
一部門に複数人の受賞者がいる場合、受賞者で分けます。
賞金は、ノーベル財団から支払われます。

ノーベル賞と日本人

今年は大村氏と梶田氏、二人の日本人の受賞が決まりました。
また、昨年の赤崎氏、天野氏、中村氏の物理学賞トリプル受賞(青色発光ダイオード(LED)の開発による)も記憶に新しいです。

ヒゲ

歴代の主な日本人受賞者をピックアップしてみます。

  • 【1949年】湯川秀樹(物理学賞)・・・原子核内部に「中間子」の存在を予言
  • 【1968年】川端康成(文学賞)・・・『伊豆の踊子』や『雪国』などの作品で知られる
  • 【1974年】佐藤栄作(平和賞)・・・沖縄返還、「非核三原則」の提唱
  • 【1987年】利根川進(生理学・医学賞)・・・人体に入ってくる異物に対する「抗体」を生成する、遺伝的原理の解明
  • 【1994年】大江健三郎(文学賞)・・・『飼育』や『万延元年のフットボール』などの作品で知られる
  • 【2000年】白川英樹(化学賞)・・・「電気を通すプラスチック」導電性高分子の発見と発展
  • 【2012年】山中伸弥(生理学・医学賞)・・・iPS細胞

日本人は、トータルでみると物理学賞と化学賞が多いです。

主な海外の受賞者

海外の主な受賞者もピックアップしてみましょう。

  • 【1901年】ヴィルヘルム・レントゲン(物理学賞)・・・レントゲンに使われるX線の発見
  • 【1903年】マリ・キュリー(物理学賞)・・・放射能の発見。通称キュリー夫人
  • 【1904年】イワン・パブロフ(生理学・医学賞)・・・「パブロフの犬」
  • 【1905年】ロベルト・コッホ(生理学・医学賞)・・・結核の研究。ツベルクリン(結核菌ワクチン)をつくる
  • 【1906年】セオドア・ルーズベルト(平和賞)・・・日露戦争の終結を仲介(ポーツマス条約)
  • 【1911年】マリ・キュリー(化学賞)・・・ラジウムの発見。1903年に続き2度目の受賞
  • 【1921年】アルバート・アインシュタイン(物理学賞)・・・相対性理論ではなく、「光量子仮説」の研究で受賞
  • 【1929年】トーマス・マン(文学賞)・・・代表作に『ヴェニスに死す』『魔の山』など
  • 【1946年】ヘルマン・ヘッセ(文学賞)・・・代表作に『車輪の下』など
  • 【1952年】アルベルト・シュバイツァー(平和賞)・・・アフリカでの医療活動
  • 【1953年】ウィンストン・チャーチル(文学賞)・・・英首相在任中に文学賞を受賞。『第二次世界大戦』など
  • 【1954年】アーネスト・ヘミングウェイ(文学賞)・・・代表作に『日はまた昇る』『武器よさらば』など
  • 【1957年】アルベール・カミュ(文学賞)・・・代表作に『異邦人』『ペスト』など
  • 【1964年】マーティン・ルーサー・キング(平和賞)・・・アフリカ系アメリカ人公民権運動「I have a Dream」
  • 【1979年】マザー・テレサ(平和賞)・・・インドのスラム街に移り住み、救済活動
  • 【1991年】アウンサンスーチー(平和賞)・・・ミャンマーでの非暴力民主化運動
  • 【1991年】ワンガリ・マータイ(平和賞)・・・ケニア出身。民主化、平和運動。アフリカ人女性として史上初の受賞。「MOTTAINAI」
  • 【2009年】バラク・オバマ(平和賞)・・・「核なき世界」に向けた国際社会への働きかけ
  • 【2014年】マララ・ユスフザイ(平和賞)・・・パキスタン出身。イスラム世界での平和運動。17歳で史上最年少受賞

キュリー夫人が2度も受賞しているんですね。

ノーベル賞のトリビア

最後にノーベル賞に関するちょっとしたトリビアを紹介します。

  • 授賞式(12/10の16:30開始)は、ノーベルが亡くなった日、時刻と同じ。
  • 同じ人が何度も受賞してもOK。
  • キュリー夫人の娘、イレーヌも化学賞を受賞している。
  • 「生きていること」が受賞の条件だが、2011年にラルフ・スタイルマンが発表前に死去していたことが判明した。結局予定通り受賞。
  • 受賞者数1位は、ダントツでアメリカ。
  • 授賞式はスウェーデンのストックホルムで行われるが、平和賞のみノルウェーで行われている。
  • ノーベルは43歳の時に、ゾフィー・ヘスという20歳の女性に恋をし、莫大な富を貢いだ。

以上、ノーベル賞についてお送りしました。
人類の進歩に寄与した人に送られる栄誉ですが、一方で受賞しても辞退する人がいたり、違和感のある受賞もあったりと、なにかと物議を醸し出す賞でもあります。
これからも毎年、10月の発表が楽しみです。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。