【簡単入門】LINE@で、お客さんとコミュニケーションをとりましょう

マーケティング

この記事はこんな人に向けて書いています

  • お客さんとコミュニケーションをとりたい、地域密着型の店舗経営者さま
  • 飲食店、美容室、マッサージ店、銭湯などなど
  • Webマーケティングに興味のある方

おはようございます、ヒグチです。
今回はずばりLINE@(ラインアットと読みます)を紹介します。

LINE@は、個人/法人問わず誰でも利用できる公開型のアカウントです。
通常のLINEは個人的に使われるツールですが、LINE@の方は不特定多数の人々とコミュニケーションすることができます。

お店のLINE@アカウントをひとつ作れば、たくさんのお客さんたちと、LINEでコミュニケーションがとれちゃうのです。

それでは、LINE@の紹介、いってみましょう!

この記事のメニュー

  1. LINE@でコミュニケーション
  2. LINE@の料金体系
  3. LINE@を使う上で気をつけたいこと

はじめようLINE@

LINE@でコミュニケーション

LINE@で誰かとコミュニケーションをとるには、まず「友だち」登録してもらう必要があります。
これは通常のLINEと同じですね。

実は当社もLINE@をひそかに設けております。
その名も「ウェブに詳しいキタック」。

メッセージを頂ければ、インターネット、ウェブに関する質問に、できるかぎりお答えいたします。

友だち追加数

で、「友だち」登録してくれた人たちとコミュニケーションをとる方法は2つあります。
「一斉メッセージ配信」と「1:1トーク」です。

一斉メッセージ配信

これは友だち全員に対して、共通のメッセージを送る機能です。
たとえばお店であれば、キャンペーンやお得な割引情報なんかを送ったりできます。

1:1トーク

通常のLINEと同じように、「友だち」と1:1のトークができます。
こんな感じで。

罵り合いから平和的解決に導かれた1:1トーク

罵り合いから平和的解決に導かれた1:1トーク

お店や会社と個人が、まさに友だち感覚でつながれる、すばらしいツールです。

注意したいのは、最初にLINE@側からは話しかけられないということです。
どうしてかというと、友だち登録した段階では、LINE@の方では誰が登録したのか分からないからです。
ユーザーの方からLINE@にメッセージを送って初めて1:1トークがスタートします。
一度つながりができ、LINE@の方でも友だちとして認識できると、通常のLINEと同じようにいつでもどこでも無制限にトークできるようになります。

他にも機能はあります。クーポンやアカウントページなど

「メッセージ配信」と「1:1トーク」。
この2つがLINE@のメイン機能ですが、他にもできることはたくさんあります。

たとえばクーポン配信機能。管理画面からクーポンを作成し、友だちに配信できます。
また、「アカウントページ」として、簡単なWebページも公開されます。
(※PC版のアカウントページは、LINE社に必要データを送るなどして「認証済みアカウント」にならないと作成されません。)

うまく使いこなせば、集客やリピーター獲得のための超強力なツールになり得そうです。

LINE@の料金体系

LINE@には無料プランと有料プランがあります。
有料プランは月額5,400円(税込)

無料と有料の一番大きな違いは、メッセージの配信数です。

無料プランの場合、メッセージ配信数は、月に1,000通までとなります。
有料プランにすると、上限が一気に上がり、月に50,000通までとなります。
50,000通を超えた場合、1通1.08円の従量課金になります。

ちなみにメッセージ配信数は、

メッセージ数 × 友だち数

です。

たとえば友だちが1500人登録されていたら、メッセージを1件送っただけで
メッセージ配信数は 1500 × 1 = 1500通となり、
無料プランの域を超えてしまいます。

LINE@を使う上で気をつけたいこと

最後にいくつかポイントをお伝えします。

LINE公式アカウントとはちがう

大企業や芸能人よくLINEの公式アカウントをもっていますが、LINE@は公式アカウントとは違います。
公式アカウントは、初期費用:800万円〜、月額費用:250万円〜と金額もケタ違いです。

公式アカウントは、プッシュ通知によるメッセージ配信やプロモーションスタンプなど、プロモーションに役立つ機能が満載ですが、
そこまでの費用は出せない!という場合に、
LINE@を利用することになります。

通常のLINEとは別のLINE@アプリをインストール

LINE@を使うには、LINE@専用アプリをインストールする必要があります。
ご自分のスマホから、個人のLINEと、管理しているLINE@、それぞれのアプリを操作することになります。

それぞれアプリがあります

それぞれアプリがあります

送信ミスにはくれぐれもご注意ください。

PCの管理画面で操作、設定が可能

PCから管理画面にログインすることができます。
LINE@にはいろいろなメニューがあるので、やはりPCの方が管理しやすいですしね。

PC管理画面

PC管理画面

複数のLINE@アカウントを管理することも可能です。

LINE@アカウント一覧

LINE@アカウント一覧


以上、長文におつきあいありがとうございました。

もっと詳しく知りたい方は、「ウェブに詳しいキタック」に友だち登録して、メッセージを送っていただければと思います。
(しつこくてすいません)

友だち追加数
あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。