2016年、キタックCGソリューションセンターのウェブマーケティングサービス

マーケティング

新年、あけましておめでとうございます。
ヒグチです。今年はV6の岡田くんや嵐の大野くんと同じく年男なので、サルと間違えられないように、人間の男性としてマジメに仕事をしていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

昨年の5月末に立ち上げた当サイトも、2年目を迎えました。
2016年1発目の記事は、キタックCGソリューションセンターが提供するサービスの基本的な流れを、カンタンに紹介させていただきます。

それではいってみましょう。

ウェブマーケティング

ウェブマーケティング事業

キタックCGソリューションセンターの柱は、「ウェブマーケティング事業」です。
たいへん広い意味のある言葉ですが、弊社ではウェブを使って目的を達成するくらいの位置づけで使わせていただいております。

目的、というと、これまたいろいろなパターンが考えられます。
ネットショップであれば売上でしょうし、実際の店舗であれば、お客様に来店してもらうことがゴールです(あくまでウェブ施策のゴールという意味です)。
そのほか、電話やメールでのお問い合わせ、資料請求、アンケートの回答、キャンペーンの応募数、それからウェブサイトのアクセス数アップそのものが目的という場合もあるでしょう。

これらの目的=目標値をきちんと設定し、それを達成するために行うウェブ施策。
これをトータルでサポートさせていただくことが、弊社のサービスの根幹です。

で、いちばんベーシックな形として、下記のようなフローに落としこみたいと考えます。

フロー

目的達成のため、このサイクルをまわしていくことが基本になります。
3つのステップがあります。

それぞれ簡単に説明いたしますので、もう少しだけおつきあいいただけるとうれしいです。

STEP1:SEO・ウェブ広告

STEP1は、ウェブサイトにお客様を呼びこむ、いわば「集客フェーズ」です。
大きく分けて2種類のやり方があります。

ひとつ目は「SEO」。
Search Engine Optimization つまり「検索エンジン最適化」です。
検索エンジンを意識したキーワード選定、コンテンツづくりで、狙ったキーワードで検索結果上位表示を狙います。

ふたつ目は「ウェブ広告」。
さまざまな種類のウェブ広告がある中で、最適なものをご提案、広告制作から運用、分析までトータルでお手伝いいたします。

なかでも、Googleの「Google Adwords」、Yahooの「Yahooプロモーション広告」といった広告で最大限の効果をあげるためには、専門知識が必要です。
Google公式資格を取得したスタッフに、ぜひおまかせください。

その他、Facebook広告やLINE@など、集客のための引き出しを幅広くご用意しております。

STEP2:LP(ランディングページ)制作

ランディングページとは、検索結果、あるいは広告から最初にたどりつくページのことです。
検索したり、広告をクリックしたりしてウェブサイトにやってくるユーザーは、ある程度目的がはっきりしていることが多いです。
そのため、一見して「自分の目的とちがうなぁ」と感じると、すぐに離れていきます。

また、Google Adwordsなどで広告を出す場合にも、ランディングページはより重要さを増します。
ランディングページと広告文の関連性が、広告の品質に影響するためです。
Google Adwordsなどの広告掲載の可否、あるいは表示位置は、オークションで決まります。
ですがこれは単純な入札だけの比較ではなく、「品質スコア」という指標が関わってきます。
その品質スコアに、ランディングページの質(広告分との関連性)も大きく影響するのです。

ウェブでの集客を考える上で、ランディングページは非常に重要な意味をもちます。
弊社では、効果を追求したランディングページを制作、運用いたします。

STEP3:分析・改善

最後のSTEPは、分析と改善です。

Google Search ConsoleやGoogleアナリティクスなどの分析ツールを使い、運用しながらウェブサイトの調整を繰り返し、効果を高めていきます。

たとえば、「検索クエリ」の分析。
どのような検索キーワードでウェブサイトに流入しているかを分析し、広告のキーワード調整、コンテンツ作りなどに生かします。
また、検索よりもソーシャルメディアからの流入が多い場合には、FacebookやTwitterなどの拡散に、より注力する手もあります。
「直帰率」「離脱率」が高い場合は、ファーストビューの改善や、サイト内の回遊率をあげる手立てを考えます。
それ以外にもウェブサイトが見られている時間帯、地域、デバイスなども分析対象とすることで、効果的なウェブ施策を打ち出していくことが可能になります。

広告を打っている場合は、データの蓄積がそのまま戦略の土台となります。
ターゲットやキーワードの選定から細かい設定まで、多種多様な広告手法を効果的な戦略に絞り込んでいきます。

ウェブは生き物です。
絶えず分析と改善を繰り返すことで、ウェブサイトを成長させていきます。


以上、キタックCGソリューションセンターのウェブマーケティングサービス、その基本的なフローを紹介させていただきました。
上記のフローで結果にご納得いただけたら、より大きなフェーズ、たとえばコーポレートサイト全体の運用や、大規模プロモーションの構築などもおまかせいただければと思います。

もちろん、サイト制作のみ、広告運用のみなどのご依頼も引き続き承っております。

それでは、本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。