【ソーメンが茹で上がる前に完了】「Grunt」や「PhoneGap」を使うためにも、Node.jsをmacにインストール

ウェブ制作技術

nodejs

おばんです、樋口です。
サーバーサイドJavascriptということで、数年前から話題の「Node.js」。

いろいろと特長、メリットはあるのですが、「Grunt」や「Gulp」といったビルドツールや、「PhoneGap」や「Cordova」といったハイブリッドスマホアプリをつくるためのフレームワークにも使われるということもあって、これからのWeb制作界隈を生き抜くためには不可欠なものになってきました。

男もすなる「Node.js」といふものを、女もしてみむとてするなり。
というわけで、自分のmacにNode.jsをインストールした顛末です。

かんたんに入ったNode.js

とは言っても、Node.js、簡単にインストールできました。

「どうせめんどくさくて時間がかかるんだろう」と思ってソーメンを茹でながらやってたら、ソーメンが茹で上がる前にインストールできてしまいました。

まずは Node.jsの公式サイトへ行き、まんなかの「INSTALL」ボタンをクリック。

nodejs.org

.pkgファイルがダウンロードされるので、それを開きます。

.pkg

.pkg

インストール画面が開いたら、画面の説明にしたがって進みます。

インストール画面

インストール画面

これにてインストール完了。

ターミナルで確認

ちゃんとインストールされているかの確認もかねて、ターミナルでNode.jsのバージョンを表示します。

macの「アプリケーション」フォルダ内、「ユーティリティ」から「ターミナル.app」を起動。

ここにコマンドを打ちます。

ターミナル.app

ターミナル.app

「$」の後に、下記を入力。

Enterキーを押して、バージョンが表示されたらOKです。

npmとは

node.jsをインストールすると「npm」という便利ツールも一緒にインストールされます。

「npm」は、Node.jsのモジュールを管理するためのツールです。
前述の「Grunt」や「PhoneGap」を使うするために、この「npm」が必要です。
「npm」で管理できるモジュールには他にもいろいろなものがあるので、今後記事にしていきたいと思います。

ともあれ、「npm」のインストールも確認してみましょう。

バージョンが表示されました。

node.jsとnpmのバージョン確認

node.jsとnpmのバージョン確認

ちょっとだけNode.jsを動かしてみる

せっかくなので、Node.jsを動かしてみます。
まず、jsファイルをつくりましょう。
下記を記述し、test.jsとして保存します。

そしたら、ターミナルのcdコマンドで、test.jsを保存したディレクトリに移動します。

※cdコマンドは(change directory)の略で、「ディレクトリの変更」という意味です。

デスクトップに「nodejs」というフォルダをつくり、そこにtest.jsを保存した場合、コマンドは下記のようになります。

うまくディレクトリを変更できたら、いよいよnodeコマンドを発動します。

そうすると、

ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩だ

とターミナルに表示されるはずです。

Node.jsが動きました!

ターミナルに表示されました

ターミナルに表示されました


おつかれさまでした!

最近、業界でいろんな横文字が飛び交いすぎていて、逆に土佐日記や枕草子が読みたくなります。

夏は夜だし、秋はもちろん夕暮れ、冬はマジでつとめて。これはほんとそう、少納言にもろてをあげて賛成。
あと夏限定で雨など降るもをかし。
梅雨明けはすぐそこです。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。