続き【WordPressでのサイト制作に便利】VCCWとWordmove

ウェブ制作技術

おはようございます。樋口です。
今日は昨日のつづきです。
VCCWの紹介が終わったので、Wordmoveについて説明します。

wordpress

Wordmove

Wordmoveは、Wordpress専用のデプロイツールです。
つまり、WordPressのデータを本番環境にアップロードしたりダウンロードしたりできるツールです。
まぁ、FTPやDBのインポート・エクスポートなんかでできることなのですが、Wordmoveを使うことで色々と管理が楽になります。

Wordmoveのセットアップ

Wordmoveは前回紹介した、VCCWに組み込まれています。

vccwで展開されたディレクトリ内に、「Movefile」というファイルがあります。
Movefileは、サーバの接続情報等を書き込むための設定ファイルです。

VCCWデフォルトのMovefileは下記のようになっています。

「staging」の所に、パスやデータベースの情報を書き込みます。
また、サーバに合わせてSSHかFTPを選択し、コメントを外して、情報を書き込みます。
※SSHが使える場合はSSH推奨です。

なお、インデントが崩れるとうまくないようなので、注意しましょう。

Wordmoveを使う

準備ができたら、Wordmoveを使ってみましょう。

まずはVCCWにSSHで接続します。(ターミナルでコマンドライン操作になります)

その後、Vagrantのファイル群が格納されているディレクトリに移動します。

で、いよいよwordmoveのコマンドを打ちます。
コマンドは

という形になります。

Wordmoveのコマンド

基本的なコマンドは、下記のようなものです。

このコマンド一発で、データベースも含めアップロードやダウンロードができてしまうのでびっくりです。

また、オプションもあります。

など、部分的に移動できるので、便利です。


以上になります。
VCCWとWordmoveで、Wordpress開発がより楽しめそうですね。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。