Yahoo!検索が段階的にSSL化されてます。でもあわてないで。

ウェブ全般

おはようございます、樋口です。

とつぜんですが、去る20015年8月18日より段階的に、日本のYahoo!検索がSSL化されはじめました。
どういうことかというと、検索キーワードなどの情報が暗号化通信されるようになる、ということです。

下記はYahoo!のヘルプページからの引用です。

この度「Yahoo!検索」では、より強力なセキュリティ基準を採用したサービスを提供するため、2015年8月18日より段階的に、検索結果にSSLと呼ばれる暗号化プロトコルを使用することにいたしましたので、お知らせいたします。

これによって何が起こるのでしょうか?

検索のSSL化

Yahoo!検索SSL化の影響

SSLというのは、「暗号化通信」のことです。
ブラウザに入力した情報を、サーバに送信ときに暗号化するので、プログラムがその情報を読み取れなくなります。
これにより、一定のセキュリティが確保されるのです。

検索

ですが、弊害もあります。
検索の際に入力した情報が取得できない、ということは、「ユーザーが何のキーワードで検索したか」ということが分からなくなるということです。

このことは、ウェブサイトのアクセス解析に影響します。
「検索キーワード」が分析できなくなるのです。

検索SSL化への対策

検索のSSL化は、GoogleやアメリカのYahoo!ではすでに行われてきました。
セキュリティへの担保として、大きな流れになっている模様です。

検索

Googleは、すべてのデータではないにせよ、キーワードを解析するツールを用意してくれています。
Google Search Console」です。
Google Search Consoleの「検索アナリティクス」で、設定したサイトにアクセスしてきた、過去1ヶ月分のGoogle検索キーワードを確認できます。
検索アナリティクスでは、キーワード(クエリ)以外でも、ページやデバイス等の条件をつけて表示可能です。

Google Search Consoleについてはこちら

また、Google Seach Consoleと連携すれば、Googleアナリティクスでも検索キーワードを確認できます。
Googleアナリティクスのメニューで、「集客」>「検索エンジン最適化」>「検索クエリ」と辿ります。

検索

今後のキーワード分析は、当面Google Search ConsoleやGoogleアナリティクスでGoogle検索の状況を確認することになりそうです。
ただ、現時点ではコンバージョンと結びつけることができず、「どのキーワードでの流入で資料請求(コンバージョン)に至ったか」といった計測はできません。

Googleアナリティクス上でのYahooからの流入の表示

現段階で、SSL化が完了したYahoo!検索からの流入は、「集客」メニューの「Organic Search」には含まれていない模様です。
代わりに「Referral」の「search.yahoo.co.jp」の項目が、SSL化されたYahoo!検索からの流入を示しています。

SSL化は段階的に進むので、今後この数字が増えていくことが予想されます。
まだSSL化されていないYahoo!検索からの流入キーワードは、「Organic Search」の(not provided)以外のキーワードです。
これにはSSL化されていない他の検索エンジンも含まれます。
ちなみに(not provided)はGoogle検索です。

検索

現時点でのGoogleアナリティクスでの見え方をまとめると、下記のようになります。

  • Google検索・・・「Organic Search」>(not provided)
  • Yahoo検索で未SSL・・・「Organic Search」>(not provided)以外(Yahoo以外も含)
  • Yahoo検索でSSL化済み・・・「Referral」>「search.yahoo.co.jp」

※検索キーワードは、「集客」>「検索エンジン最適化」>「検索クエリ」で確認(Google検索のみ)


以上、Yahoo!検索のSSL化にともなう悲喜こもごもについて紹介しました。
セキュリティって大事ですもんね。
でも我々にとっては分析も大切。
今後、仕様が変わっていく可能性が大きいので、引き続き見守りたいと思います。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。