文系おじさんのWeb用語案内 vol.5【CMS】

ウェブ全般

ヘロー。
文系おじさんだよ。
好きなお話は「たぬきの糸車」だよ。

今日説明する用語は【CMS】だよ。
ウェブ担当とかそういう仕事してたら、たまに聞く言葉なんじゃないかな。
ていうかアルファベット3文字とか多すぎてムカつくよね。
ごめんね。

CMSとは

CMSは、「Contents Management System」の略だよ。
コンテンツ・マネージメント・システム。
なんのこっちゃ。

文系おじさん

要するにCMSとは、Webサイトを管理するシステムのことだよ。
「管理」にはもちろん「サイト更新」も含まれるよ。
ブログをイメージすると分かりやすいね。
ブログは管理画面から記事を投稿したり編集したり削除したりするよね。
こういうことが出来るシステムを「CMS」と呼ぶわけだよ。
あと、サイトで使っている画像とかpdfみたいなデータも管理したりもするよ。
ホームページのいろんなことを管理するシステムというわけだね。

文系おじさん

逆に、CMSじゃないWebサイトって

CMSを導入していないWebサイトは、サイト管理に一定の知識と技術が必要になるよ。
エディタでファイルを開いて、ソースコードを書いて、FTPでアップロードして…
という作業になるわけだからね。

文系おじさん

CMSを入れると、サイトの更新を管理画面でできる。
だから、専門知識を持たない人でもサイトの更新ができるというわけだよ。

CMSの導入パターン

CMSを導入するのには、システムを構築する必要があるよ。
でもまあ、いくつかパターンがあるから、目的や仕様や予算に合わせて選べばいいよ。

CMSツールを導入する

メインはこれだよ。
世の中にはCMSに特化したツールがたくさんあるから、それを導入するという手だよ。

ちょっとめんどくさい話だけど、サーバにインストールするタイプと、サービスを提供しているサーバにデータを置く(ASP型)タイプがあるよ。
インストールするタイプで無料のだと、WordPressMovable Typeが有名だね。

いろんな会社や団体が、独自のCMSサービスを提供してくれてて、高機能でおもしろいものもたくさんあるから、いろいろみてみるといいよ。

文系おじさん

選ぶ基準として忘れちゃいけないのが、安全面の部分だよ。
サイトのデータを管理するわけだから、セキュリティ対策が万全で、サポート体制もしっかりしてるところがいいね。

WordPressとか、無料でインストールするタイプのやつは、自分で責任もってセキュリティ含めて管理する必要があるよ。

ブログなど既存のサービスをCMSとして使う

ブログサービスはいっぱいあるけど、それをカスタマイズしてCMSとして使うというやり方だよ。
ブログはすでにCMSとして完成しているから、それをベースに作ればいいわけだね。
これは、比較的低予算でいける方法だよ。

これができるブログサービスとして名高いのが「Tumblr」だよ。
ちゃんとカスタマイズすれば、ブログっぽくない、立派なホームページとして見せられるよ。

文系おじさん

TumblrのCMS使いに関する関連記事を参考にしてみるといいよ。

自分で作る

まあ最後の手段というか、もちろん自分で作ることもできるわけだよ。
自分で作れば、サイトの仕様全体を把握できるし、細かいところに手が行き届くし、安心なわけだよ。

文系おじさん

ただ、もちろん作るのは大変だね。
CMSはいろいろと考えて作ることが多くいからね。
管理画面とかユーザー管理とかセキュリティとか、いろいろね…


以上で、【CMS】の説明終わりだよ。
これからは「シーエムエス」って会話の中でふわっと出てきても、こわくないね。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。