文系おじさんのWeb用語案内 vol.6【Javascript】

ウェブ全般

レットミーフライ。
文系おじさんだよ。
好きな国名はアゼルバイジャンだよ。
あと国旗でいったらアルゼンチンのが好きだね。
あの太陽が好き。

今日説明するのは【Javascript】だよ。

Javascriptとは

Javascript(ジャヴァスクリプト)は、プログラミング言語の一つだよ。
HTML(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)とか、CSS(カスケーディング・スタイル・シート)とかみたいに、長い言葉の省略形ではないよ。
Javascriptは「JS(ジェーエス)」って略されたりするよ。

プログラミング言語

プログラムには、ぼくらが話している日本語や英語みたいに、「言語」の種類があるよ。
C言語、C#、C++、Java、Python、PHP、Perl、Ruby、Visual Basic、Objective-C…
って、数えあげるときりがないよ(といっても代表的なのはこのくらいかも)。

Javascriptもこの言語の仲間なんだね。
ちなみに、上で出てきた「Java」というのは、名前は似てるけどJavascriptとは別物だから気をつけてね。

文系おじさん

プログラミング言語の人気ランキングを集計したおもしろい記事があるから見てみてね。

プログラミング言語人気ランキング

Javascriptは8位だね。
微妙な位置。

Webサイトを作る時のJavascriptの役割

プログラミング言語としての人気は中途半端な位置にいるけど、JavascriptはWeb制作界隈ではかなり注目されているよ。
いろんな歴史があって、敬遠された時期もあったけど、いまではJavascriptなしではWebサイト(ホームページ)はつくれない、というくらいになってるよ。

だいたいのWebサイトは、HTML、CSS、Javascriptを組み合わせてつくられているよ。

HTML = 骨組み
CSS = 形や色や配置などのデザイン
Javascript = 動きや機能など

それぞれ、こんな感じの役割を担っているんだよ。

文系おじさん

例えばこんな感じのHTMLがあったとするよ。

このHTMLに対して、CSSでデザインするよ。

で、これにJavascriptで機能を付け加えたいとき、たとえばこんなふうに書くよ。
「「ボタン」をおしたら「押すなよ!」と言われる」機能の例。

意味はなんとなく調べてみてね。

HTML、CSS、Javascriptが関わりあってサイトができてる、というイメージをつかんでもらえたらOKだよ。

Javascriptライブラリ

「jQuery」という言葉を聞いたことがあるかな?
jQueryというのは、Javascriptの便利な機能をまとめたものだよ。
で、jQueryを使うことで、Javascriptを書くのが簡単になったり、複雑な機能を分かりやすく書いたりすることができるんだよ。
jQueryみたいなのをライブラリと呼んだりするよ。

文系おじさん

Javascriptのライブラリは、jQuery以外にもたくさんあるよ。
jQueryみたいに書き方の下敷きになるものもあれば、アニメーションのためのライブラリやレイアウトのためのライブラリ、みたいに特定の用途に特化したものまでいろいろあるよ。

ライブラリは「◯◯◯◯.js」という名前になっていることが多いよ。

※「フレームワーク」という呼び方もあるけど、めんどいのでここでは「ライブラリ」でいくよ。

Javascriptのひろがり

こんなJavascriptだけど、注目度は増す一方で、ますますひろがりを見せているよ。

サーバで動く「Node.js」

例えば「Node.js」というのがあって、これはサーバで動くJavascriptだよ。
プログラミング言語にはサーバで動くものと動かないものがあって、ふつうのJavascriptはサーバでは動かないものなんだよ。
ちなみにふつうのJavascriptが動く場所は「ブラウザ」だよ。

文系おじさん

Webをつくるときに使われる「サーバで動く」プログラムは、「PHP」とか「Ruby」とかなんだけど、「Node.js」によってJavascriptもいける、ということになれば、WebはもうぜんぶJavascriptでいいじゃん、みたいな話になることもありえるよ。

HTML5との連携

あとは「HTML5」が登場して、HTMLにいろんな可能性が出てきたわけだけど、これにもJavascriptが大きく関連するよ。
というのも、HTMLだけでは機能をつけることができなくて、なにをするにせよ、Javascriptを使っていろんな機能をつくるわけだよ。
例えば「位置情報をとる」とか「お絵かきする」とかね。

スマートフォンアプリ

で、スマートフォンのアプリもHTML5とJavascriptで作っちゃえたりするよ。
ふつうのスマホアプリは決まった言語でつくらないといけないので、つくるのにハードルが高かったりするんだけど、HTMLとJavascriptならWebとおなじ感覚でアプリが作れるね。
HTMLとJavascriptでつくられたアプリをハイブリッドアプリと呼んだりするよ。


今日の説明は以上だよ。

このシリーズはまとめてあるから、もし興味があったら他のも読んでみてね。

文系おじさんのWeb用語案内

じゃあまたね。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。