文系おじさんのWeb用語案内 vol.7【PHP】

ウェブ全般

ゲットアロングトゥゲザー。
文系おじさんだよ。
最近気になってる接続詞は「あるいは」だよ。
「天国、あるいは地獄」「富、あるいは貧困」というふうに使用するよ。

今日は【PHP】について説明するよ。
前回の【Javascript】につづく、プログラミング言語シリーズ第2弾だよ。

PHPとは

PHPは、「ピーエイチピー」と読むよ。
Hypertext Preprocessorの省略形なんだよ。

PHPは、ウェブに特化したプログラミング言語だよ。
そして、いろんなプログラミング言語の中でも、比較的覚えやすい方なんだよ。

文系おじさん

Wikipediaによると、PHPはこう定義されてるよ。

動的にHTMLデータを生成することによって、動的なウェブページを実現することを主な目的としたプログラミング言語

「動的」なウェブページとは

「動的」という言葉が出てきたね。
「動的なウェブページ」っていうのは、そのときのデータや状況に基づいて、表示が変化するウェブページのことだよ。
なんのこっちゃ。
例えば、Googleで検索したときに検索結果が表示されたり、Facebookで一人ひとりページの表示内容が違ってたり、ブログで新着記事が更新されると一番上に表示されたり。
ああういうのはもちろん、すべての表示内容が全部HTMLに書いてあるわけではないよ。
裏のプログラムで、表示をカスタマイズしているんだね。
これが「動的なウェブページ」だよ。

文系おじさん

反対に、「静的」という言い方もあるよ。
これはプログラミング言語を使わず、同じページをいつ見てもHTMLに書かれた内容がそのまま出てくる状態のことだよ。
「動的」と「静的」の違いはテストに出るかもよ。

文系おじさん

「動的」なウェブページを作るには、PHPのようなプログラミング言語が欠かせないよ。
もちろんPHP以外にもそういう言語はあるけどね。
Ruby(ルビー)とかPerl(パール)とかね。

PHPでできること

「静的」なウェブページなら、HTML、CSS、Javascriptでつくれるけど、「動的」なウェブページをつくるなら、上記の3つに加えてPHPの出番、ということだね。
で、今のウェブページは高機能だから、だいたい動的だったりするよ。

文系おじさん

よくPHPでつくられている機能には、例えばこういうのがあるよ。

  • お問い合せフォーム
  • 「新着情報」の更新
  • ブログシステム
  • CMS

サーバサイド

とつぜんだけど、PHPは「サーバサイド」の言語に分類されるよ。
どういうことかというと、「サーバで動く言語」ということだよ。
前回、Javascritの回で、Javascriptはブラウザで動く言語って言ったけど、それに対して、PHPはサーバで動く言語、というわけだよ。

文系おじさん

PHPのプログラムがサーバに送られて、そこでデータベースも連携しながら解釈された結果がまたサーバから返ってきて、ブラウザに表示される。
これが、PHPが動く仕組みなんだよ。

この人はこのIDでログインしてるという情報がサーバに送られる

サーバは、プログラムを読み取って、そのIDでログインしている人に関するいろんなデータを組み立てる

サーバから、プログラム処理済みのデータが返される

ブラウザに表示

反対に、Javascriptみたいにブラウザで動くプログラムは、サーバに送られるまでもなく、ブラウザで処理されてそのまま表示されるんだよ。
Javascriptみたいなのを、「クライアントサイド」の言語と呼んだりするよ。

PHPを使うときの注意点

PHPは「サーバで動く」ということだけど、なんにもしないで動くわけではないんだよ。
世の中そんなに甘くないよ。
サーバにPHPをインストールして、はじめてPHPが使えるようになるよ。

文系おじさん

でもまあレンタルサーバとかだと、だいたいインストールされているから、心配する必要はないよ。
PHPが使いたい場合は、いちおう念のため、サーバにインストールされているか確かめてみてね。

インストールされていたら、PHPバージョンも確認しておくといいよ。
バージョンによっては使えない機能とかもあるからね。

PHPにまつわるいろいろ

WordPressはPHPでできている

世界が愛と憎しみでできているように、WordpressはPHPでできているよ。

WordPressというのは、一番メジャーなCMSだね。
※CMSについては、この記事を参照してね。

文系おじさん

PHPを書けるようになると、Wordpressで作ったウェブサイトやブログを、好きなようにカスタマイズできるようになるよ。
これはうれしいね。

PHPフレームワーク・ライブラリ

Javascriptと同じように、PHPにも「フレームワーク」や「ライブラリ」と呼ばれるものがあるよ。
「フレームワーク」はPHP開発の土台、「ライブラリ」は機能ごとにまとめてあるツール、とざっくり言えるよ。

フレームワークだと「CakePHP」、ライブラリだと「PEAR」あたりがメジャーだよ。


以上、PHPの説明終わり。

今日出てきた【CMS】や【Javascript】についても説明してるから、よかったら読んでみてね。

文系おじさんのWeb用語案内

じゃあまたね。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。