クリックで出てくるコンテンツを、Googleは評価しないらしい

ウェブ全般

おはようございます、ヒグチです。

今日は、SEOとウェブ制作に関する話題です。

タイトルのとおりなのですが、
クリックしないと表示されないコンテンツは、Googleのクローラーに評価されないとのことです。

Googleのゲイリー・イリーズ氏が仰っています。

インターネット

検索エンジンのしくみ

これはつまりどういうことか、説明してみます。

プログラミング

Googleに代表される検索エンジンは、「クローラー」と言われるロボットによって、インターネットの海を巡回しています。

クローラーはウェブサイトを認識すると、コンテンツを読み取って「インデックス」します。

「インデックス」とは、サイトの情報をデータベースに格納しておくことです。

インデックスされていないサイトは、検索にはひっかかりません。

プログラミング

クローラーはウェブサイトをインデックスした上で、品質を評価します。

そしてその評価によって、検索ワードに応じた検索結果の順位を決めています。

HTMLに書かれていない要素はインデックスされない

クローラーは、われわれ人間と同じように、リンクを辿ってページからページヘ回遊しますが、
その一方で、われわれ人間とは違い、ウェブページの見た目ではなく、ウェブページに書かれているソースコードを読みます。

クローラーが読むソースコードは、HTMLです。

HTMLには、ウェブページの情報がすべて詰まっている、わけではありません。

たとえば最初HTMLには存在しないのに、なにかのアクションによって表示(生成)される要素があります。

プログラミング

クリックすると表示が切り替わって、見えなかったものが見える、といったインターフェースがその代表格ですね。

タブパネルアコーディオンパネルと呼ばれる、よく見るアレはこの典型です。

タブやアコーディオンは、画面を節約できたり、ユーザーの注意を惹いたりと、メリットも多いのですが、SEO的には注意が必要です。

前述のとおり、Googleのクローラーに見てもらえないのです。

クローラーはクリックしないからです。

ここでのまとめ:最初にHTMLにないコンテンツは、インデックスされない。

HTMLには存在していても、隠れているものは評価が低い

上記の、インデックスされないパターンは、初期状態でHTMLに要素が存在しない場合です。

例えばJavascriptで外部からコンテンツを読みこんだりしているときとかです。

プログラミング

これに対して、HTML上には存在してるけど、非表示になっているというパターンがあります。

コンテンツが外部ファイルにあるのではなく、HTMLに書いてあって、それをCSSなりで非表示にしているような場合です。

プログラミング

この場合はクローラーはどうするかというと、「少し評価を下げる」んだそうです。
これもGoogleの方が言っています。

ここでのまとめ:HTMLにあるけど隠れているコンテンツは、インデックスされるけど、少し評価が低い。

クリック以外の、動的な要素の生成あれこれ

最後に補足ですが、今紹介した、「見えない要素を表示するアクション」は、クリック以外にもあります。

例えば、スクロールに応じて表示されるもの、Ajaxでの非同期読み込み、それからタッチデバイスでのスワイプ操作なども、コンテンツを切り替えるアクションになります。

プログラミング

使用感や見た目はよくても、検索エンジンに評価されないのは、ちとつらいですね…


以上、検索エンジンと動的に生成されたコンテンツの関係を説明いたしました。

Javascriptを使ったリッチな表現は、使いどころをよく考えた上で使っていくのがよさそうです。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。