【Google Analytics】フィルタを設定してデータをカスタマイズする

ウェブ全般

この記事はこんな人に向けて書いています

  • Googleアナリティクスを使ってWebサイトの分析をする人
  • Web担当者

おはようございます、ヒグチです。

言わずとしれた解析ツール「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」。
ウェブサイトやモバイルアプリのさまざまなデータを解析するツールです。

今回は、Googleアナリティクスで「フィルタ」を設定する方法を紹介します。

GoogleAnalytics

フィルタとは何か

「フィルタ」というのは、いろんな条件をつけてデータを制限したり、変更したりする機能です。

Googleアナリティクスでは、フィルタをうまく使うことで、データの精度を上げることができます。

グーグルアナリティクス

Googleアナリティクスで使用するといいフィルタには、例えばこんな用途のものが挙げられるでしょう。

  • 社内からのアクセスを除外
  • スパムを除外
  • 指定ディレクトリのみのデータを取得
  • 指定地域からのアクセスのみを取得

これらはすべて、フィルタを設定することで実現できます。

フィルタを設定する

フィルタは「アナリティクス設定」の「ビュー」のメニューから設定できます。

アナリティクスのアカウント構造は
「アカウント」>「プロパティ」>「ビュー」
となっていますから、一番下位の「ビュー」で設定するわけです。

「フィルタ」メニュー

「フィルタ」メニュー

言い換えると「ビュー」というのは、データの見え方を目的にあったものにカスタマイズするものである、とも言えます。

「IPアドレスの除外」フィルタを設定してみる

それでは、使用頻度が高いであろう「IPアドレスの除外」フィルタを、設定してみます。

これをすれば、たとえば会社のIPアドレスを除外設定し、社内からのアクセスを計測せず、実データにより近いものが取得できます。

グーグルアナリティクス

上部のメニューで「アナリティクス設定」をクリック。

それからフィルタを設定したい「ビュー」を選択し、「フィルタ」をクリックします。

そうすると出てくるのが、「ビューにフィルタを追加」画面です。

ビューにフィルタを追加

ビューにフィルタを追加

  1. フィルタ名:任意の名前をつけます
  2. フィルタの種類:「定義済み」を選択します(IPアドレス除外は、あらかじめ組み込まれているのです)
  3. プルダウンで「除外」を選択
  4. プルダウンで「IPアドレスからのトラフィック」を選択
  5. 除外するIPアドレスが一つなら「等しい」を、例えば会社で複数のIPがあって、まとめて除外するなら「前方が一致」を選択するのもよいでしょう
  6. 除外するIPアドレスを入力します

以上を入力し、「保存」ボタンを押せば、フィルタ設定完了です。

フィルタ一覧にいま作ったフィルタが追加され、いつでも確認、編集が可能になります。

フィルタの注意点

なにもフィルタをかけていないビューを残しておく

フィルタというよりは、ビュー作成の注意点なのですが、手つかずのビューを一つ残しておくことをおすすめします。
カスタマイズしたビューでは、例えばフィルタで除外されたデータは計測されません。
あとから見たいと思っても、データがないのです。

フィルタなどを設定するときは、手つかずのビューを残しつつ、新規にビューをつくり、その上にフィルタなどを設定していきましょう。

フィルタは設定後のデータにのみ反映する

当然といえば当然なのですが、フィルタは設定後のデータにのみ反映されます。
できるだけ最初の設計段階で、フィルタも設定しておきましょう。

フィルタの順序は大事

データに対して、順序に従ってフィルタがかけられていきます。

フィルタAとフィルタBがあったら、フィルタAの結果残ったデータに対してフィルタBが適用されます。

グーグルアナリティクス

例えば、日本とアメリカからのアクセスを計測したい場合。

フィルタA:日本からのアクセスのみ計測
フィルタB:アメリカからのアクセスのみ計測

このようなフィルタ設定をしても、失敗します。
なぜなら、まずAの段階で日本以外からのアクセスは振り落とされているため、Bが適用される時には、アメリカからのアクセスデータは存在しないからです。

こういう場合は、一つのフィルタで「日本とアメリカからのアクセスのみ計測」を設定してあげる必要があります。

グーグルアナリティクス

このようにフィルタの設定順序は大切です。
下記の画面で、順序を並び替えることができます

フィルタ順序を割当

フィルタ順序を割当


いかがでしたでしょうか。
フィルタを使えば、データの精度が高まったり、目的ごとにデータを整理できたり、いいことがたくさんありそうですね。

明日は建国記念日です。国のことに思いを巡らせながら一日を過ごしたいと思います。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。