自分が死んだとき、Facebookどうなる?

ウェブ全般

この記事はこんな人に向けて書いています

  • Facebookを利用している方
  • 不死の能力を手にしていない方

おはようございます、ヒグチです。

アントニオ

3月も終わりに差しかかり、新潟もすっかり春めいてきました。

アントニオ

なまあたたかい風がふわっと吹いてくると、ぼんやりともの思いにふけってしまいますよね。

空はどうして青いんだろう、とか、眠るとなんで夢をみるんだろう、とか、自分が死んだらFacebookはどうなるんだろう、とか。

特に自分が死んだらFacebookはどうなるのか、ということを考えはじめたら、

急に息苦しくなって見えない糸にがんじがらめになり、楽しいFacebookライフが送れなくなりかけたので、

調べてみました。

facebook

Facebookの「追悼アカウント」

結論から言うと、Facebookには「追悼アカウント」という機能がありました。

この機能が自分の死後、Facebookを良きに計らってくれます。

追悼アカウントが発動される流れは、下記のようになっています。

  1. 生前に、Facebookの追悼アカウント管理人を指名しておく
  2. 辞世
  3. 家族や友人から「追悼アカウント変更」のリクエスト
  4. 生前指名しておいた「追悼アカウント管理人」に連絡がいく
  5. 追悼アカウント管理人が動き出す

なんだか壮大なスケールですね。

細かく見ていきましょう。

生前に、Facebookの追悼アカウント管理人を指名しておく

まずは、自分の友だちの中から「追悼アカウント管理人」なるものをこっそり選んでおきます。

選んだ時点では、選ばれた人にはバレません。

選ばれた人に通知が行くのは、自分のアカウントが「追悼アカウント」になった時です。

なかなかのサプライズですね。

追悼アカウント管理人を選ぶ手順は、以下です(PCの場合で説明します)。

右上のメニューから「設定」をクリック

設定

設定

設定メニューで「セキュリティ」を選択。そのあと、「追悼アカウント管理人」をクリック。

セキュリティ

セキュリティ

追悼アカウント設定欄に、信頼できる友だちを入力。

追悼アカウント

追悼アカウント

簡単ですね。

ちなみに、追悼アカウント管理人を指名せず、「アカウントの削除」をチェックしておけば、

アカウントが追悼アカウントになった瞬間に、自分のFacebookアカウントは消滅します。

これもアリですね。

辞世

立つ鳥跡を濁さず。清らかな辞世の句を詠みましょう。

家族や友人から「追悼アカウント変更」のリクエスト

さて、問題はこのフェーズです。

人が亡くなったあと、どうするのか。

まわりの家族や友人がなにもアクションを起こさなければ、Facebookアカウントも放置されたままです。

ですが、気の利いた人がまわりにいると、話が変わってきます。

「この人は亡くなりました」とFacebookに知らせる、「追悼アカウントのリクエスト」という機能があります。

追悼アカウントのリクエスト

追悼アカウントのリクエスト

追悼アカウントのリクエストページ

このページから、亡くなった方のアカウント名、亡くなった日付、亡くなったことを証明できる書類(任意)を送信します。

Facebookの審査が通ると、そのアカウントは晴れて「追悼アカウント」になります。

生前指名しておいた「追悼アカウント管理人」に連絡がいく

追悼アカウントになると、追悼アカウント管理人を指名していた場合は、Facebookからその人に連絡がとびます。

追悼アカウント管理人は、このタイミングで自分が故人の追悼アカウントを管理するのだ、ということを知るのです。

ドラマチックですね。

追悼アカウント管理人が動き出す

さあ、いよいよ追悼アカウントの管理人が動き出す時です。

故人のFacebookを弔うことができるのは、追悼アカウント管理人のみなのです!

とはいえ、追悼アカウント管理人は、故人のアカウントにログインすることは出来ません

したがって、過去の投稿を変更したり、友だちを削除したり、メッセージを読んだり、ということも出来ません。

あくまで代理人なのです。

では何ができるのかというと、以下のようなことが出来ます。

  • 故人を悼むメッセージを投稿し、タイムラインの最上部に固定する
  • 故人への新たな友達リクエストに対応する
  • プロフィール写真やカバー写真を更新する
  • 故人が生前シェアしたコンテンツをダウンロードする(許可制)

故人を弔うための、限定的な機能ですね。

4番目のコンテンツダウンロードは、生前に追悼アカウント管理人を指名するときに、アカウント所有者が許可した場合のみ可能となります。


以上、追悼アカウントについて解説いたしました。

自分のアカウントが追悼されるケースも、自分が誰かの追悼アカウント管理人になる場合も想定して

しっかりと心構えをしておきたいと思います。

あなたのビジネスのWeb戦略を、ぜひキタックにおまかせください。

効果を出すためのサイト運営、集客できるウェブ広告

ブログの更新情報をお知らせしています。