キタックCGソリューションセンター

れきしそうし

歴史デザイナー同士コラボして上杉謙信グッズを作った話

2020年06月02日(火)

こめ

19

6

PV 107

こめです。
前回の続きを書こうと思ってましたが、この記事を書いておかないとと思いまして、急遽変更します!

オフ会オフ会言っときながらスタンプラリーの話ばっかりですいません。しかも今回の話は2回目のオフ会という時系列を無視しまくり。1回目を書いてないくせに2回目を書く始末…。

上杉謙信Tシャツが完成

時系列無視してでも今この記事を書く必要があった。

それはついに上杉謙信のTシャツが完成したからだ!!

なんてかっこいいんだ!!
タイトルにもあるように、これは私だけで作ったものではない。
歴史デザイナー井上祥邦さんの圧巻タイポグラフィと私のイラストをコラボしたものです!

井上さんは多くの戦国武将のグラフィックをデザインされており、今麒麟がくるで話題の明智光秀織田信長をはじめとした有名武将のデザインを多く手がけている方です。戦国武将や戦国時代が好きな方はぜひ拝見していただければと思います!

歴史デザイナー井上祥邦さんの関連情報だ!チェック!!
https://yockdesign.net/rekishi/
https://rekishi.thebase.in/
https://twitter.com/yockdesignRL

翔んで東京

遡って今回コラボ制作に至った経緯を書きたいと思う。
井上さんと私の出会いは歴史イベンターのヒスペディアRYOさんが主宰して下さったオフ会だ。

全国にいるはずの歴史好き仲間を探しに東京へ。

この日は埼玉で遊んで夕方東京へ向かう。埼玉は完全旅行なので別ブログで書く!

東京駅から開催場所までそこまで遠い距離ではない。多分20分くらいだったと思う。
開催時間までかなり余裕をもっていたが、なんと道を逆走していた。お姉さんに声をかけ、会場へ急いで向かう。
だがしかしそこからしばらく進んで行くと、また逆走している気がした。
仕方なくまた声をかける。今度はイケメン相手で緊張した。
丸の内イルミネーションの下でイケメンに道を聞く私。少女漫画のような展開だ。

なんてアホなことを思っていたのも束の間、やっぱり逆走していた。
なぜ東京駅周辺でこんなに迷子になっているのか。
恥ずかしさと焦りを噛み締めながら今度こそ会場に突っ走る。

東京オフ会

だいぶ話が脱線したが、無事に東京オフ会の会場に着いた。

そこで隣の席に座っていたのが井上さんだ。
同じグラフィックの仕事をしている人が隣に!
歴史の話ももちろんしたが、会社の話もした。

ここでのオフ会は井上さんだけでなく、主催者のヒスペディアRYOさんとも初対面。他の参加者の方々も様々な分野の歴史に詳しく、今までにない出会いの場となった。

その後しばらくして井上さんから連絡をいただいた。「イラストとタイポグラフィで共同制作して上杉謙信のTシャツを作らないか」というものだ。

これは私にとって「歴史デザイナー」を名乗ってから初めての仕事になった。
趣味で参加したオフ会が思いもよらない形に進化し、このように素晴らしい経験をさせていただいた。井上さん、ヒスペディアRYOさんには感謝しかない。

これを書いている現在、どうやって売れるかも一緒に考案させていただいている。

今回お声がけいただいたことで、私自身大きく成長できたと確信している。
途中でふざけた内容も挟んだが、至って真面目なブログになった。

今後また進展があれば続きの話を書こうと思う。乞うご期待✨

Twitter始めたので、フォローお願いしますヾ(๑╹◡╹)ノ
麒麟がくるのイラストものせてます!

Share プリーズ

よろしければどうかご感想を!

この記事のタイトル
歴史デザイナー同士コラボして上杉謙信グッズを作った話
感想を送るノート
お名前必須
メールアドレス必須
ご意見・ご感想必須

ご入力いただいた内容は、当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。メールの返信以外には使用しません。プライバシーポリシーに同意の上、お進みください。

確認画面はありません。
いったんページの上部に戻りますが、問題なく送信されます。

書き手は私 こめ

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • 高橋未羽
  • 高橋皓一
  • 石本貴康
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭