キタックCGソリューションセンター

れきしそうし

今さら“怖い絵展”_イラスト解説

2021年02月15日(月)

PV 702

こめです。
なんかたま〜にわけもなく「何かが気になりだす」ことないですか?
私は今回無性に怖い絵のことが気になりだし、そして図録を購入してしまいました。

怖い絵展

ご存知の方もおられるかと思います。
2017年10月7日 (土) 〜 2017年12月17日 (日)に東京の上野の森美術館で開催された「怖い絵展」。
この時展示にはなぜか行きませんでした。行けばよかった。

最近世界史を中心に勉強中だったので、ちょうど目に止まり、そっからあれよあれよという間に図録購入。

図録とパンフレット
厚さはこんな感じ

絵の解説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この表紙ですが、怖い絵展の目玉「レディ・ジェーン・グレイの処刑」。
簡単に説明すると「王位継承戦に巻き込まれた無実の女王が処刑されるシーン」。

もちろん白いドレスの方がレディ・ジェーン・グレイ。潔白を象徴するため、白いドレスです。
左手の女性は侍女。女王様の処刑が受け入れられず、目を背けたり気絶したり。
真ん中の男性は司祭(教会の人)。目隠しされた女王を断頭台に導いてます。
右手の男性は死刑執行人。持ってる斧は首を叩き切るもの。それでも切り落とせなかった場合は腰のナイフで切ります。悲しそうな顔でジェーンを見つめています。

とまあ、この絵の解釈はいくらでもネットで出てきます!
私が今更どうこう言うレベルではない…

ただ私は歴史デザイナーなので、もっと興味を持ってもらえるように、何かしらアクションしていきたいな〜

ここからは歴史デザイナーとしての意気込みになるので、下のイラストまでスキップしてもらって構いません!


正直歴史解説系は世の中いっぱいあって、しかも知識量半端ない素晴らしい方々が作成されています!私もよく見ますし!
そんな人たちと同じ土俵に立って勝てるだけの知識はないです!

しかし、差別化できるポイントがあります!それは「デザインとイラスト」です!
デザインは一目で「お!」っと思われるようなものができれば成功だと思います。一瞬の勝負です。ですが一瞬でも興味を持たせることができれば、何かをきっかけに見てくれるかもしれない!

なるほどな!で、要はなんなんだ?

歴史デザイナーフェーズ2として、ちょこちょこイラストで解説していきたい!特に好きな人物史を!

イラストなら面白く見てくれるかもしれませんね!
でもイラストと歴史の組み合わせってよく見ますよ?

そうです。
私の方針としては、「肖像画、写真」に寄せたゆる〜いイラストを作成する方針です。
あんまり似てない絵(本当はハゲたおじさんなのに、二次元の超イケメン)だと、せっかく勉強しても肖像画と名前が一致しなかったりします!

勉強目線も入ってるんだな!
世界史と日本史が先生みたいに詳しくなったら無敵だな!

せっかく「とんがらノート」なのでね!(れきしそうしのこと)
この場を借りて実験&スキルアップしていきますわ!ノートだけに!

いっぱい溜まると立派なノートになっていくんじゃないかしら!私もお姫様のことなら興味あるわ♪

  • 「デザイン×イラスト×知識」の力で歴史に興味持ってもらえるように!
  • ターゲットは「この人知ってるけど、詳しいことはわからない」って人!
  • イラストはあくまで本人に寄せる!
  • 勉強中なので完璧ではないですが、指摘があれば随時更新します!

どうぞよしなに!

以上、長くなりましたが今後の試みでした!


レディ・ジェーン・グレイ

今回はレディ・ジェーン・グレイの説明をします。
彼女を取り巻く登場人物一覧です。

ヘンリー8世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名前:ヘンリー8世
テューダー朝:2代目の王
タイプ:暴君

いろいろパワフルな王。イギリス史上最悪の夫。
その通りかなりゲスい略歴の持ち主。
6人の奥様がいる。処刑したり、離婚したり。

キーワード:
・絶対君主
・国王至上法(首長法)
・イギリス国教会

日本は戦国時代。箕輪城城主 長野業正と同い年

メアリー1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名前:メアリー1世
テューダー朝:4代目の王(ジェーン・グレイをカウントするなら5代目)
タイプ:冷酷王

ヘンリー8世一番目の王妃の子。
エリザベス1世&エドワード6世とは腹違いの兄弟。
絵の通り怖い人。でも生い立ちが悲しい。

キーワード:
・宗教改革
・虐殺

日本は戦国時代。大谷吉継と同い年。

エリザベス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名前:エリザベス1世
異名:ヴァージン・クイーン

ヘンリー8世の娘。メアリー1世&エドワード6世とは腹違いの兄弟。
イングランド女王。
絶対王政全盛期の女王。
でもそれは今回の話からもっと先のお話。

エドワード6世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名前:エドワード6世
テューダー朝:3代目の王
タイプ:少年王

ヘンリー8世三番目の王妃の子。
メアリー1世&エリザベス1世とは腹違いの弟。
病弱だったため、早くになくなってしまう。
そのため時期王として、ジェーン・グレイに白羽の矢が立つことに

キーワード:
・一般祈祷書の作成

日本は戦国時代。豊臣秀吉と同い年。

ジェーン・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名前:ジェーン・グレイ
(在位が短すぎるので「レディ」がつけられてます)
テューダー朝:4代目の王
タイプ:悲劇の女王

「九日間の女王」の異名の通り、在位はたったの9日間。
本人は女王になる気はなかったのに、周りの大人に担ぎ出されて処刑されることになる。まだ16歳。

キーワード:
・「怖い絵展」メイン絵画で有名

昔々あるところに、ヘンリー8世と言う王様がおりました。
たくさん奥さんと子供がいましたが、早死で残ったのは3人の子供たちでした。
メアリー1世、エリザベス1世は生まれた順番は早いですがヘンリー8世の夫婦関係で問題があり、子供のころ「女王になれる資格」が取り消されていました。

待望の男の子エドワード6世が生まれましたが、彼は幼い上に病弱だったため、「長いこと王様でいるのは無理だ」と周囲に思われます。

そんな中ヘンリー8世が亡くなり、正式にエドワード6世が王様になります。まだ9歳です。
政治なんてできるはずもなく、補佐としてエドワード・シーモアというおじさんがつきます。
「王様のサポート役」になったことで、身分が上がり、発言権を増します。

ちょっとここで背景を説明します。
この時イングランドは宗教問題がありました。
原因はヘンリー8世が生前離婚問題でグチャっとさせます。国内は荒れております。

なので「カトリック」「プロテスタント」という名前のキリスト教だけど考えが違うグループに属していることで、より人間関係を複雑にします。
日本は同じ仏教でも「真言宗でも曹洞宗でもなんでもいいじゃない」的な雰囲気があるので、なかなか理解し辛い感覚です。

そしてこの後継者問題はヘンリー8世が生前に遺言を残しており、「エドワード6世の次はメアリー1世。次はエリザベス1世。その次に親戚のジェーン・グレイ」と書いてありました。

しかし「自分が偉くなりたい」と思った欲深いおじさんジョン・ダドリーが現れます。
このおじさんは自分の息子とジェーンを結婚させ、ジェーンを女王様にしてしまいました。

本当は女王になる予定だったメアリー1世はブチギレます。
自分も女王宣言したので国民は混乱。そして戦争になります。

しかしおじさんの味方はどんどん「正統な女王」のメアリー1世に寝返ります。
おじさんは大逆罪で処刑。息子も処刑。

メアリー1世はジェーンに罪がないことを知っていたので許しますが、ジェーンのお父さんが反乱を起こしてしまい、結局処刑になってしまいました。
それでもメアリー1世はなんとか許そうとしましたが、ジェーンは処刑を受け入れました。

めっちゃ長くなってしまった…笑
だいぶ削ったつもりですが、難しいです!
なぜならこの辺は本当に個性的な人たちが多く、引き込まれるんです!
全然書きたりませんが、より簡潔にできるように頑張ります…

Share プリーズ
書き手は私

よろしければどうかご感想を!

この記事のタイトル
今さら“怖い絵展”_イラスト解説
感想を送るノート
お名前必須
メールアドレス必須
ご意見・ご感想必須

ご入力いただいた内容は、当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。メールの返信以外には使用しません。プライバシーポリシーに同意の上、お進みください。


表示された5文字の英数字を入力してください。

確認画面はありません。
いったんページの上部に戻りますが、問題なく送信されます。

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭