キタックCGソリューションセンター

れきしそうし

哀しき恐怖の雷帝_イヴァン4世

2021年09月27日(月)

PV 116

こめです。
最近絶不調すぎて逆に元気になってきました。
「どん底にいるとあとは這い上がるだけ」って感じになるんでしょうか?
人体の不思議!

おい、ごうりき!
今日はかっこいい人の登場だぞ!雷帝だ!⚡️

あんたってほんとガキンチョね〜。
そんな漫画みたいな名前にときめいて。

おそロシア代表格?の皇帝です!
やることも怖いですが、顔もとっても怖い!

イヴァン4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

名前:イヴァン4世
国名:モスクワ(現ロシア)
タイプ:雷帝

有能君主な面と、猜疑心で苦しんだ狂気な面を持つ二面性の男。
人生ほとんど苦しんでいそう。結婚回数はかなり多い。

日本は戦国時代。上杉謙信と同い年。

キーワード:
・正式に皇帝「ツァーリ」になる
・貴族を抑えて国内の基盤を作る
・モスクワ大公国の領土を広げる
・恐怖政治

はいはい、このパターンね。
私にきゃーって言わせたいパターンね。

な、なんか思ってたのと違うぞ…

イヴァン4世はモスクワで生まれました。
祖父は前回の主人公イヴァン3世。その息子のヴァーシリー3世の息子です。
ヴァーシリー3世は子宝に恵まれず、一人目の奥さんを追放。
二人目の奥さんは若く美人でした。

どっかのイングランドの王朝でもあったパターンね

50歳超えて授かった子供はそれはそれは可愛い!
イヴァン4世と弟はとっても可愛がられました。
しかし、この離婚再婚をロシア正教会は許しませんでした。それでも無理に押し通しましたので、教会は怒り心頭です。

どっかのイングランドの王朝でもあったパターンね!!

そんなイヴァン4世と弟は「邪悪な子」と忌み嫌われます。
両親から愛され、教会から呪われた複雑な状況です。

まだ3歳の時にヴァーシリー3世が他界。そして3歳で大公という一番偉い人になります。
もちろん政治ができるわけないので、お母さんがサポートに入りました。
しかしそんなお母さんも数年後毒殺?されてしまい、孤独になってしまいました。

でも偉い人だし、どうせ周りから守られるでしょ!
俺らライオンはねぇ…

いいえ…
イヴァン4世と弟は周囲の大人からガン無視されます。時には衣服や食事も満足に与えられなかったそうです。
幼いイヴァン4世を支えるより、自分の家から次期君主出したいよね〜って思惑があったとかないとか…

えええ…虐待じゃないか!

イヴァン4世はとにかく勉強します。
無力なままでは「お飾り」にすぎない。母を奪ったかもしれない周囲の大人たち。
孤独の中、存在を無視され続ける怒り、悲しみ、憎しみを募らせて…。

そんなイヴァン4世。歴史、信仰にも大変関心をもち、有能君主の片鱗が見えてきます。
それと同時に小動物の虐●、気に入らない人間の処刑など、狂気の面も見えてきました。

大人になったイヴァン4世。
モノマフの帽子をもらい、正式に「皇帝(ツァーリ)」となります!
国内、国外とも手腕を発揮します!

モノマフの帽子
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ここは有能君主の一面!
周辺の◯ハン国を複数攻略し、領土をどんどん拡大していきます!
特にシビル=ハン国は後のシベリアになります!
ここで活躍したのがコサックという人々です。コサックダンスって有名ですもんね!

コサック
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そして哀しい一面!
孤独の中、精神不安定な大人に成長したイヴァン4世でしたが、皇帝になった同時期に結婚します。
政略結婚ではなく、花嫁コンテストで選ばれた美しい女性でした!
コンテストはシンデレラのイメージですかね〜

なんですって!
私も着飾って参加すれば皇帝にみそめられる可能性があるってことじゃない!!!
こうしちゃいられない!

ごうりき…イヴァン4世がいいのか?

そんなわけないでしょ!
この後出てくるであろうイケメン皇帝に備えてよ!

そんな奥さんはイヴァン4世の心の支えでした。
彼女といる間、とても癒され不安定ではなくなっていったそうです。
しかし、そんな奥さん…急死してしまいます。
誰かによって毒殺された疑惑が出ました。

イヴァン4世は愛する人を失い、タガが外れてしまいました…。
ここから雷帝にふさわしい恐怖政治が始まります!

オプリーチニナ制度という、初見じゃスラスラ言えなさそうな制度ができます。
これは領土内の好きな場所を皇帝の管轄にできるという便利な制度。主に都市や交通手段がある場所をとれます。
そしてそこに秘密組織オプリーチニキを配置。これは皇帝に逆らう者は容赦無く●す恐ろしい組織です!

特にひどかったのが「ノブゴロド虐殺」です。
一ヶ月以上にわたり、市民をなぶり●しました。グロいので割愛します!

愛する女性の死が一人の男の人生を狂わせてしまうなんて…
顔がさらに怖くなってるわ…
最初の奥さんが狂気のストッパーになっていたのね…

皇帝に反発したけど処刑されちゃう
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そんな純愛そうなイヴァン4世ですが、なんと生涯7〜8回結婚しております。
これは散々酷い男として語ってきたヘンリー8世超えです。

ま、まさかヘンリー超えをする男がいたなんて!!!
出だしの感じ既読感あったのよね!

そしてなんと娘のエリザベス1世に求婚しています!
ほんとエリザベス1世は苦労人…しかもこの時イヴァン4世は既婚者です。

そして晩年になっても苛烈な性格は変わらず。
むしろ悪化し、息子の奥さん(妊娠中)に手を挙げます!
それを止めに入った息子に逆上し、殴り●してしまいます…。

なんだかもう可哀想…!
もういいよイヴァン4世…

正気に戻ったイヴァン4世はひどく後悔してしまいました。
この時の絵が有名なんですが、なんともいえない表情…
若干閲覧注意!

表情に注目
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
落ち込むイヴァン4世と息子の亡骸
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ううううううううううううう

イヴァン4世は幼少期の環境によって性格が狂ってしまった。
生まれつき狂気を持った性格だった。
いろんな説がありますが、あなたはどう感じますか?

次期君主は次男のフョードル1世です。
しかし彼も子宝に恵まれず、亡くなってしまいました。
ここでリューリク朝が終わり、有名なロマノフ朝になっていきます!

今までで一番哀しい話だった気がするぞ!
おもしろシーンがヘンリー8世しかなかった!

雷帝って感じの怖さはありますが、人生を見ていくとなんとも哀しい人のイメージになっちゃいますね…

とまあ切り替えて次は…ロシアじゃありません!
まさか2話で終わるとは…!
これ以降進めるとロシア盛り上がってくるんですが、時系列的に他の国と合わないのでストップします!

Share プリーズ

よろしければどうかご感想を!

※コメントは、サイト管理者による承認後、ページに表示されます。

あたたかい感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


書き手は私

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭