キタックCGソリューションセンター

れきしそうし

特別展 ミイラ 「永遠の命」

2020年10月15日(木)

こめ

5

0

PV 71

こめです。
先週10月10日から新津美術館にて開催されたミイラ展に行ってきました。
職場の方らかおすすめだと言われ、行った次第です!
何年ぶりにミイラ見るんだろ〜記憶にない!

新津美術館

新潟市秋葉区にある新津美術館。初めて行きました。

私の中でミイラはエジプトのイメージが強いです!
最初に歴史が好きになったのも古代エジプトが入り口でした。

王家の呪いとか儀式とか、今じゃ考えられないような考えが多いですが、だからこそ惹かれる神秘性。

そういうのはエジプトだけじゃなく、世界中いろんな文化が残ってますよね。ちょっとグロテスクなものもありますが、他文化を理解しようと思います。

入館します。ドキドキ。
撮影OKだったのでパシャリ。この中にミイラが…(レプリカですが)

中には子供のミイラから大人のミイラまで43体が世界中から集まってました。

中でも印象的だったのが子供二人と女性のミイラです。
一見子供を抱き抱えているように見えるんですが、どうやら死後におかれたそうで…一体誰が何のためにと妄想してしまいます。

他には儀式で亡くなった人、罪人と思われる人などがありました。

怖かったのは首だけのミイラ。切り落とされて装飾されて家に飾ってあったり。
考えただけで「ひいいいいいいいい」となるものでも、その民族によっては意味のある重要なことなのだと思います。

でも可愛いミイラもあります!(可愛いって言っていいのか分かりませんが…)
上の写真のように、入れ物に入れた後、顔を刺繍されています。「チャチャポヤのミイラ」はグッズにもなってました。

あとは江戸時代のミイラもぜひみて欲しいです。
幕末の頃の学者が自らを実験体とし「俺が死んだら掘り起こしてごらん」的な遺言を残したイカした人です。

「学者 ミイラ」で検索すると出てくるので、興味のある方はどうぞ!
全ミイラの中でも一番生々しいです。


Share プリーズ
書き手は私 こめ

よろしければどうかご感想を!

この記事のタイトル
特別展 ミイラ 「永遠の命」
感想を送るノート
お名前必須
メールアドレス必須
ご意見・ご感想必須

ご入力いただいた内容は、当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。メールの返信以外には使用しません。プライバシーポリシーに同意の上、お進みください。


表示された5文字の英数字を入力してください。

確認画面はありません。
いったんページの上部に戻りますが、問題なく送信されます。

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • 高橋未羽
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭