キタックCGソリューションセンター

れきしそうし

日本史の勉強2019_その3

2020年04月07日(火)

こめ

0

0

PV 12

こめです。

コロナが怖いです。いつ収まってくれるのか…。

今回で勉強編最後です。来週からはGWに旅行に行った思い出を書きます!

受験

6〜11月までそんなこんなで勉強し続け、ついに受験当日。
腹痛を感じながら会場に入ります。そして道に迷います。
しかしなんとか間に合いました。
試験5分前のあのシーンとした感じわかりますか?
ドキドキして笑ってしまう感じ!

そしてついに始まります。

うおおおこの半年の血と汗と涙の成果を見せる時!!!
いい感じで中盤まで進みますが、なんと後半は苦手な近代史オンパレード!!!

(⁰▿⁰) (⁰▿⁰)(⁰▿⁰)(⁰▿⁰)(⁰▿⁰)

頭が真っ白です。一応全問見返す余裕があったのですが、こんなに近代でてくるとは…。

最後に解答用紙を配られ確認したところ、3問目で間違い発見。
これはダメだと思い、そのまま用紙を閉じて帰宅しました。

合否通知

それから数ヶ月。
酔っ払って帰宅すると自宅のポストに結果が投函されていました。
はいはい不合格ですねと思いながら封筒を開けると……

「合格」の文字が!!!

まあアイキャッチ画像でネタバレしてるんですけどね。

正直後半の近代でやらかし、ギリギリ落ちたなくらいの気持ちでいたので、5度見くらい見ました。酔っ払って見間違えてるんじゃないかと。

なんにせよ合格でき、努力が報われた結果になりました。

実は仕事とうまくバランスが取れない時期もあり、「このままでは落ちる」「日本史では諦めたくない」という気持ちに押しつぶされそうでした。

追い詰められていた自分にある人からこんな言葉をいただきました。

「別にこの一回で決めないといけないわけじゃないんだから、いつか取る気持ちでやれば良い」(曖昧)

この言葉をもらうまでは、プライドもあって「負げだぐない!!!(でも心身の限界だ)」と自分の首を締めていました。

確かにこの一回で勝負が決まるような圧を感じていましたが、決してそんなことはないです。

別に不合格になろうが悲しいのは自分だけで、迷惑をかけるわけでもない。

だから勝ち負けに拘らず、今できることを精一杯やろう。という気持ちに切り替えることができました。

それがなんとか結果に結びついたので、本当に思い出深い半年でした。

さらに数ヶ月後、自宅に記念カード(有料)が届きます。
名前はスタンプで隠します。
次はいつになるかわかりませんが、3級取れるように自分のペースで臨みたいです。

そしてこの日本史検定への原動力が大きな発展に繋がっていくことは、この時の私はまだ知らない。

Twitter始めたので、フォローお願いしますヾ(๑╹◡╹)ノ
麒麟がくるのイラストものせてます!

Share プリーズ
書き手は私 こめ

よろしければどうかご感想を!

この記事のタイトル
日本史の勉強2019_その3
感想を送るノート
お名前必須
メールアドレス必須
ご意見・ご感想必須

ご入力いただいた内容は、当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。メールの返信以外には使用しません。プライバシーポリシーに同意の上、お進みください。


表示された5文字の英数字を入力してください。

確認画面はありません。
いったんページの上部に戻りますが、問題なく送信されます。

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭