キタックCGソリューションセンター

制作室の叫び

心を動かすもの

2021年04月09日(金)

PV 144

コロナのせいで様々なことが制限されて毎日がなんとなくつまらない……
最近心を動かすような出来事がない……
それはよくないです。今すぐこのゲームをプレイして心を動かしましょう。

ウマ娘 プリティーダービー

待ってくれ。「戻る」をクリックするのは少し待って欲しい。

まずは簡単にどういう世界観かを説明すると
・別世界(この世界)の競走馬の名前と魂を受け継いだウマ娘が
・トレセン学園(日本ウマ娘トレーニングセンター学園)でトレーニングを積み
・レースに出場して勝利を目指す
というもの。なんだそれ?って思いますよね。多分誰もが思う。
そういうものだと理解してください。

プレイヤーはこのトレセン学園所属のトレーナーとなり、ウマ娘を育成して目標レースをクリアしていきます。どの能力を伸ばすトレーニングをするのか、休ませて体力を回復させるのか、レースに出場するのか……
限られたターン数の中で、どうすればより強いウマ娘になるのかを考えて育成していきます。パワプロのサクセスモードみたいなもの、といえば通じる人は多いかもしれません。

あと、世界観の大事な要素として
・レースが終わると1着のウマ娘をセンターにしてライブが開催される
というものがあります。

「は?」って思う人も多いと思いますが、まぁ、現実世界でもキタサンブラックが勝った時にサブちゃんがミニライブしてたし、大体同じですね。
1着以外のウマ娘はバックダンサーです。1着を夢見てトレーニングを積んだにも関わらずに負けてしまい、1着になった娘が注目を浴びる様を一番近いバックダンサーという形で見なければならない。つらい。
その分、自分で育てたウマ娘がセンターで歌い踊る様を見た時には涙が出るほど嬉しいです。

まぁ、そんな感じのゲームです。
じゃあ、そのライブが心を動かすものなの?というと、それだけではありません。

心動かすストーリー

育成できるウマ娘にはいろんな娘がいて、その一人一人異なるストーリーが用意されています。
史実の偉業を再現するようなストーリーだったり、逆に史実では勝てなかったレースに挑んだり、様々です。そのストーリの内容がとにかく良いんです。ネタバレになるのでここでは書けませんが……
基本的には成長の物語なので、様々な問題に気づき、障害を乗り越え、夢を達成するようなストーリーが多いです。

よくある話だし言うほど感動しないんじゃない?とお思いでしょう。自分もそうでした。
自分はスマホの容量が限界を迎えていたせいもあって、リリースされてから結構時間が経ってから始めたのですが、その頃にはネットで「泣ける」「感動した」「ハルウララちゃん……」などの感想がいっぱい上がっていました。
言うても「泣いた」なんてオーバーな表現だろ……と思ってプレイしたんですが、泣いた。マジで。おじさんこういうのに弱いのよ。

感動するストーリーだけではなく、コミカルだったり熱いものだったりもあります。
僕は新しいウマ娘のストーリーを知ると、その度に情緒がぐちゃぐちゃになるので、まだ育成していない娘もいます。精神がもたない。
あと、心を強く持たないと自分の娘だと思い込んじゃう。

余談ですが、このゲームをインストール&アップデートを続けるためのスマホ空き容量確保のために、10万円ちょっと課金したゲームを削除したんですが、全く後悔がないレベルで面白いです。

こんな感じ

育成画面。パワプロっぽさがある。
上のヒントのセリフと下のセリフは無関係なはずだが、うっすら悪意を感じる……
このウマ娘はゴールドシップ。

ナイスネイチャ。育成ストーリーにて。
ナイスネイチャを一度経験してしまうと二度と以前の自分には戻れなくなる。

レースシーン。ここだけ見るとちょっとシュール。
僕のウマ娘(ゴールドシップ)は13位です。

まぁ勝つけどな。

ライブの様子。
君はうまぴょいできるか——

やるだけならタダ!どうせ自由にお出かけもできないし、家でゆっくりゲームでもしましょう。
3日も経てば「うまぴょいうまぴょい」とつぶやくようになります。
あと、競馬を知らなくても、競馬の用語に詳しくなるし、見たこともないのに中山競馬場の直線は短いからな〜とか言い出します。

ちなみに、リセマラのオススメはサポートカードのSSRキタサンブラックです。目指せ完凸。

それでは、うまだっち!

※ゲーム画像の著作権は株式会社Cygamesに帰属します。

Share プリーズ

よろしければどうかご感想を!

※コメントは、サイト管理者による承認後、ページに表示されます。

この記事は、感想を受け付けていません

書き手は私

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭