キタックCGソリューションセンター

「キタック式」Web制作

「キタック式」Web制作

「熱」と「ニュアンス」を
伝えるための制作フロー

私たちがWebやデザイン制作の過程で大切にしていること、
それは、「熱」と「ニュアンス」を伝えることです。

デザインの良し悪しは、かっこいい・かっこわるい、ではありません。

売れる・売れない、でもないかもしれない。

そのプロダクトに懸ける人の「熱量」を、充分に込められるかどうか。

そして、微妙で細かい、見過ごされてしまいがちな「ニュアンス」を、汲み取れているかどうか。

そういうことが一番大事なのではないかと思っています。

そういうものづくりのために、
私たちは、以下の5ステップの制作フローをとらせていただきます。

デザイナーが画面の前で黙々と作るのではなく、
クライアントと私たち、全員で作り上げるためのフローです。


  1. STEP 1

    コンセプトワーク

    キックオフ

    プロジェクトメンバーで集まって顔合わせ。

    全体のプロジェクトの流れを確認し、おおまかな方向性を共有します。

    ご要望など、最初のヒアリングをさせていただきます。

    第1回ワークショップ
    拡げるブレスト

    担当者様だけでなく、経営層や色々な部署の人たちに集まっていただき、
    第1回ワークショップを開催します。

    自分たちの強みや弱み、どういうコンテンツを作りたいか、など、それぞれが
    思うことを自由に出し合っていただきます。

    イメージを広げるためのワークショップです。

    第2回ワークショップ
    絞り込むブレスト

    第2回ワークショップを開催します。

    前回出された様々な意見を抽出し組み合わせ、必要に応じて取捨選択しつつ、
    コンテンツ案のたたき台をお持ちしますので、それを揉みつつ、新しいアイデア
    なども追加していくフェーズです。ぜひ「熱」を注入してください!

    ここでの成果物

    キャッチコピー|イメージボード|コンテンツ案

  2. STEP 2

    設計

    コンテンツマップ作成

    策定したコンセプトを元に、コンテンツマップを組み上げます。

    構成図、仕様書作成

    各ページの構成図(ワイヤーフレーム)を作成し、各ページの置くべき要素を決定します。

    必要に応じて原稿や素材も用意し、構成図に埋め込みます。

    また、複雑なシステムが必要なサイトの場合、システム仕様書を作成します。

    ここでの成果物

    コンテンツマップ|構成図|仕様書

  3. STEP 3

    デザイン

    ライブデザイン

    デザインも、ブレストスタイルで作り上げます。

    デザイナーがたたき台を用意しますので、それを会議室で、モニターに映しながら、揉みます。

    微妙な「ニュアンス」を汲み取りつつ、その場でデザイナーが調整をかけていきます。

    ライブデザインについて詳しく

    その他のデザイン

    ライブデザインである程度決まったメインデザインに、その後微調整をかけていきます。

    無事確定したら、その他のページのデザイン制作に取り掛かります。

    これまでのステップで注入していただいた「熱」や「ニュアンス」を想いながら、
    デザイナーがデザインしていきます。

    ここでの成果物

    デザイン

  4. STEP 4

    コーディング

    HTML/CSS/Javascript

    デザインが決まったら、構造をつくるHTML、見栄えを制御するCSS、
    動きなどを加えるJavascriptなどの言語を駆使してWebページを
    組み上げていきます。

    「コーディング」と呼ばれる工程です。

    システム構築

    CMSが必要な場合、Wordpressや、場合により別のCMSで構築していきます。

    PHPなどバックエンドプログラムも、必要に応じて組み込みます。

    ここでの成果物

    Webサイト

  5. STEP 5

    テスト〜公開

    チェック・テスト

    ブラウザやデバイスごとでの表示チェック、システムなどの動作テスト
    内容の最終チェックを行います。

    必要に応じて修正します。

    公開

    サイト公開となります!

    Webが成果を出すのはここからが本番。運用フェーズに突入です。

サービスリスト