キタックCGソリューションセンター

アルビ日記

2021-4:vs群馬 3-1

2021年03月22日(月)

樋口大輔

0

5

PV 44

第4節「高木善朗」

ビッグスワンでザスパクサツ群馬に快勝し、4連勝。破竹、破竹。天気もよく、生暖かい風も吹いて、気持ちの良い週末を過ごさせてもらった。

トップ下に入ってる高木善朗がすこぶる良い。

解説者がよく言うのは「ボールを受ける位置が良い」ということ。センターバックとサイドバックの間、あるいはディフェンスとボランチの間、こういう「間」で受けるポジショニングとタイミングが良い、と。

ほんとにそう。位置もそうだけど、タイミングが絶妙。ボールホルダーが前を向き、視野を確保し、パスを出す、そのちょうどいいタイミングで適切なポジションに入れてる。だから受け方がスムースなんだろう。スムースに受けて、流れを淀ませず、更に加速させて次の展開を生み出している。

だいたいワンタッチで前を向いて、ツータッチ目かスリータッチ目で次のアクションを起こす。そしてまた次の局面のサポートに入る。その連続。

超高性能な分電盤みたいなトップ下の高木が起点となり、1トップの鈴木孝司、両ワイドのロメロと本間、あるいはオーバーラップしてきたサイドバックなんかが、いい体の向きで、もしくはスピードに乗って、ゴールに向かう。

クロスから2点

調子のいいアルビは布陣を変えない。
GK阿部、DF藤原、舞行龍、千葉、堀米。MF島田、高、ロメロ、高木、本間。FW鈴木。

群馬も悪くなかった。2年目の奥野僚右監督の下、確実に積み上げがなされてる感じがした。

また、アルビに対して対策もとってきてて、センターバックからの配給を自由にさせまいと、FW2枚と両サイドハーフが前からプレスを掛けてビルドアップのコースを塞ぎに来た。後ろもちゃんとラインを上げてコンパクトにしてきた。

それでもアルビのビルドアップ。ちょっと慌てる場面はあったものの、去年よりベースアップしてることがうかがえた。ボランチの島田もサポートに加わりながら、また、時にはロングボールで裏もあるよ、ということを見せながら、確実にボールを前進する。

前半の2ゴールは素晴らしかった。特に1点目は、前線の個が有機的に絡んだ見事なゴール。

高木が巧みなドリブルで右サイドを抜け出し、腰を捻ってファーサイドまで、勢いのあるクロスを供給。あのドリブル後、あの体勢から、ファーまであの弾道のクロスを送れるって、けっこうカラダがキレてないとむずかしいんでないか。それを鈴木がしっかり頭で合わせてGKを揺さぶり、こぼれ球にロメロフランクが魂で飛び込む。ロメロフランク、GKと交錯して痛そうだった。でもファイターとしての面目躍如。硬軟混ざったいいゴール。

2点目も今度は左から、高木のピンポイントクロスに鈴木のヘッド。相性のいい二人。

追い上げられてからの落ち着き

前半もプレッシングの連携がとれてて悪くなかった群馬だけど、後半もそれは継続されてて、アルビのビルドアップはこれまでよりは苦戦してた。そうやすやすとリズムは作らせてくれない感じ。

後半早めに1点返され、2-1に。

嫌なムードが漂うかな…と思ったが、そうでもなかった。

あまりバタバタしない。引き続きボールを支配し、全員がゲームの流れを感じ、場面場面で適切なプレーを選択してる。落ち着きがある。

その後のアルベルト監督の采配、選手交代にもメッセージがあり、ピッチ内にはやるべきことの共通理解が出来上がってる。早川、星、谷口、田上が入って、それぞれタスクを遂行。

そして(観る側からすると)必然の3点目。堀米のスーパーなトラップと、鈴木のゴール前での落ち着きを堪能。終了直前にご褒美をもらえた。

そう言えばゴンサロ・ゴンザレスがベンチに入った。久しぶりに見たいなぁ。

Share プリーズ
書き手は私 樋口大輔

よろしければどうかご感想を!

この記事のタイトル
2021-4:vs群馬 3-1
感想を送るノート
お名前必須
メールアドレス必須
ご意見・ご感想必須

ご入力いただいた内容は、当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。メールの返信以外には使用しません。プライバシーポリシーに同意の上、お進みください。


表示された5文字の英数字を入力してください。

確認画面はありません。
いったんページの上部に戻りますが、問題なく送信されます。

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭