キタックCGソリューションセンター

くちぶえコラム

#6:人生が始まる

2020年07月29日(水)

樋口大輔

1

0

PV 63

ある小説で読んだ一節。

「失礼ですが、ミス・リース、さっきのお話からしますと、あなたは四十歳におなりになりますね?」
カレンは別の茶碗を静かにかきまわし始めた。
「重要な年齢です」
クイーンがつぶやくように言った。
「人生が始まるときだといいますね」

僕もミス・リースと同じく四十歳になる。
クイーンによると、「人生が始まるとき」を迎える。
そうなのか。
今から人生が始まるというのか。

ぴゅう。(´ε` )

朗報である。

まあまあの時間生きてきて、人並みにいろんな経験もした。通過儀礼もあったしイレギュラーなイベントも多少あった。
そろそろクロージングに入ろうか、という気分にもなっていた。

そんなところに、「人生が始まる」とは。

四十歳が、「人生の始まるとき」とは、どういうことだろう。

わからん。

考えてみてもよくわからんし実感としてもよくわからん。

でも、「折り返し地点」とか「人間ドック」とか「介護保険」とか「老後」とか、そういうキーワードを聞かされるより、ずっと心地がいい。

四十歳で人生が始まるならば、39歳までは何だったのだろう。
始まっていなかったのか。
そう、始まっていなかったのかもしれない。

自分の人生を他人の人生として眺める

例えば10歳までのことを考えてみよう。
僕の10歳までの人生。
生まれ、両親と祖父母に可愛がられ、M保育園に入園し、恋をし、卒園し、T小学校に入学し、恋をするなどして、生きてきた。それなりにいろいろあった10年間だったように思う。

でも、振り返ると、このとき私の人生は始まっていなかったのだ。

いま思い返しても、ほとんと覚えていない。上記のようなアウトラインしか思い出せない。
まるで歴史上の人物の年表のようだ。
(坂本龍馬は土佐藩の郷士の二男として生まれ、10歳のときに母を亡くした。気弱な少年で寝小便癖がありいじめを受けていた…)

改めて客観的にみてみると、自分の人生とは思えない。

現在進行系で生きている「今」の時点から、過去の自分の人生を振り返る、ということは、どういうことだろう。

それはもしかしたら、自分の人生を、他人の人生のように、外側から「眺めてみる」ということかもしれない。

そうすると、どういうことが起きるか。

過去の自分の人生は、自分の人生ではなくなる。
すでにもう、別の誰かの人生であり得る。

だから、自分の人生は常に「いま」始まる、と言ってみることができるかもしれない。

今、この時点から人生が始まる、と思うことは、開放感もあるが恐怖もある。
別に思ってもいいし思わなくてもいい。思おうが思わなかろうが、傍から見ればなんの変化もない。
でもまあ、思うことは自由だし人ぞれぞれだ。
裏を返せば、人生はいつ始まったっていいのだ。

スクーターとおばあさんの話

インドのゴアという所にいたとき、スクーターを借りて、日がな集落から集落を移動していた。
ある日、小道の脇におばあさんが立っていた。
おばあさんは手を上げてこっちを見ている。
僕が停まると、おばあさんはスクーターの後ろに乗った。
僕はおばあさんを乗せてそのまま一本道を進んだ。
次の集落に着くと、おばあさんは僕の肩を「ぽんぽん」とたたいた。
スクーターを停めると、おばあさんは、ひょいと降りてそのままどこかに歩いていった。

その次の日もおばあさんは同じところで手を上げて待っていた。
僕は同じようにスクーターにおばあさんを乗せ、次の集落まで連れていった。
同じところでおばあさんは降りた。

その次の日、おばあさんはいなかった。
しばらく待ってみたが来ないので、仕方なく一人で次の集落まで行った。

4日目、おばあさんがいた。1日目、2日目と同じところて手を上げていた。
僕はスクーターの後ろにおばあさんを乗せ、次の集落まで連れて行った。
降りるとき、話しかけてみた。

「昨日はいなかったですね」

おばあさんから返事はなかった。
ただ少しの間こちらをみて立っていたので、写真を撮らせてもらった。

おばあさんは最後少しだけこちらに手を振り、くるりとむこうを向いて、トコトコと歩いて行ってしまった。

なんてことはない、それだけの話である。

10歳までのことは覚えていないのに、こういう細かいことをよく覚えている。
インドのおばあさんを乗せて走ったスクーターの上で、背中に感じた布の感触みたいなのを少しだけ覚えてたりする。

人間はだいたい八十年くらい生きるが、その間にも、人生は、始まったり、終わったりを繰り返しているのかもしれない。
始まりも終わりもその時点では気づかないが、あとになって分かったりすることが、あるのかも。

Share プリーズ
書き手は私 樋口大輔

よろしければどうかご感想を!

この記事のタイトル
#6:人生が始まる
感想を送るノート
お名前必須
メールアドレス必須
ご意見・ご感想必須

ご入力いただいた内容は、当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。メールの返信以外には使用しません。プライバシーポリシーに同意の上、お進みください。


表示された5文字の英数字を入力してください。

確認画面はありません。
いったんページの上部に戻りますが、問題なく送信されます。

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • 高橋未羽
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭