キタックCGソリューションセンター

くちぶえコラム

くちぶえコラム

#14:ちょっぴりもれたろう

2021年03月19日(金)

樋口大輔

1

0

PV 82

とつぜんですが、みなさんは「もれたろう」ですか?

僕は「もれたろう」です。

おしっこちょっぴりもれたろう です。

けっこうな割合で、もれたろうになっています。
激しく飲酒しているときなんかは、「がっつりもれたろう」になるケースもありますが、基本的にはちょっぴりもれたろうです。

自分が「もれがち」であることを意識し始めたときには、実際のところ僕は「ちょっぴりもれたろう」ではありませんでした。ただの「尿もれジジイ」でした。

ただの「尿もれジジイ」であった頃の僕は、けっこう自分を責めていました。そして尿もれを隠そうとして取り繕い、薄ら笑いを浮かべる日々を過ごしていました。「尿もれジジイ」には救いも可愛げもありませんので。

そんなとき、ヨシタケシンスケ氏の絵本に出会ったのです。

ぴゅう。(´ε` )

今をときめく絵本作家ヨシタケシンスケ作『おしっこちょっぴりもれたろう』
この絵本に出会い、私はとても救われました。

そこには僕と同じ苦悩を持った少年が描かれていました。少年は自分が「もれたろう」であることに思い悩み、それを隠したり旅に出たりします。その気持ち、とてもとてもよくわかります。

そして最終的に、少年に理解者が現れます。その理解者は「実はわしも、もれたろうなんじゃ」と言い、少年に寄り添います。少年は「自分は独りではないんだ」と気づき、自信を持ち始めるのです。パンツのシミも、その時から心なしか輝いて見えます。

みなさんも、自分だけが「もれたろう」だと思ってることが、ひょっとするとあるかもしれません。でも、「もれたろう」はきっと世の中にたくさんいて、もしかしたら隣の人も「もれたろう」で、言い出せないだけかもしれません。

ちょっとだけ勇気を持って、小さな声で「私もれたろうなんだ」とささやいてみて、「実は私も」って言う人が現れたら素敵ですね。

ちなみにヨシタケシンスケ氏の作品だと、『もうぬげない』もおすすめです。

それでは良い週末を。

Share プリーズ
書き手は私 樋口大輔

よろしければどうかご感想を!

この記事のタイトル
#14:ちょっぴりもれたろう
感想を送るノート
お名前必須
メールアドレス必須
ご意見・ご感想必須

ご入力いただいた内容は、当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。メールの返信以外には使用しません。プライバシーポリシーに同意の上、お進みください。


表示された5文字の英数字を入力してください。

確認画面はありません。
いったんページの上部に戻りますが、問題なく送信されます。

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭