キタックCGソリューションセンター

アルビ日記

2022-20:vs徳島 1-1

2022年06月06日(月)

PV 84

第20節「スペイン流、文化、親近感」

ボールを激しく狩りにくる徳島、自分らの丁寧なサッカーを貫くアルビ。スペイン流の両チームがぶつかりあった好ゲームでした。天皇杯で失速したけど、連戦続き、移動長めのアウェイでこれだけのゲームを展開できたのはすごいですよね。

試合の背景

  • 6/4 土曜16:00キックオフ。晴れ
  • @鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
  • 新潟はリーグ戦絶好調だが直近の天皇杯で1-4の敗戦

試合ダイジェスト

【前半】
序盤は前線からのプレスとサイド攻撃で徳島にやや流れが傾く。19分徳島、左サイドから仕掛けた杉森考起が倒されにPK獲得。一美和成が決めて先制。44分に新潟が同点ゴール。押し込んだ状態で、右サイド藤原奏哉からふわりとしたクロス、ゴール前、谷口海斗が頭で合わせた。1-1で前半終了。

【後半】
球際が激しさを増していく。徳島は前線からプレスに行き、新潟のボール回しを規制。なんとかかいくぐろうとする新潟。65分すぎから両チーム立て続けに選手交代。ピッチ内は活性化するもゴールは生まれず、1-1で試合終了。

絶好調からの、ブレーキ

水曜日の天皇杯は、残念な結果だった。ロアッソ熊本に対し、ホームで1-4。

ここまでチャンスのなかった選手も含め、大幅にメンバーを入れ替えて臨んだわけだが結果が出なかった。リーグ戦絶好調からのブレーキ。サポーターも落胆したかもしれない。

ただこの1試合だけでいろんなことを判断するのは短絡的。天皇杯に出た選手がダメで、リーグ戦のメンバーが絶対、とかそういうことではない。サッカーの勝負を決める要因には、いろんな要素が含まれる。

天皇杯のイヤなイメージを払拭すべく乗り込んだ、「鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム」。

アルビのスタメン。

GK小島享介。DF藤原奏哉、田上大地、千葉和彦、堀米悠斗。MF高宇洋、星雄次、松田詠太郎、伊藤涼太郎、 本間至恩。FW谷口海斗。

リーグ戦でいうと前節から2枚変更(高木→伊藤、鈴木→谷口)。ダブルボランチは、現時点でのファーストチョイスは高と星のセットのようだ。

このコンビは前後のバランスがよくて、どちらも可動域が広い。やや後方で構える高の守備範囲は縦横に広く網羅的にカバーできる。2.5列目くらいに位置を取る星は、攻撃時には質の高いフリーランニングを見せ、攻めに厚みと選択肢をもたらす。

徳島ヴォルティスの右サイドバックに、新井直人がいた。元アルビのスーパーDF。頑強な守備と運動量は健在。アルビの左サイドがけっこう封じられていた。やっぱいい選手だなぁ。

ポヤトス監督

徳島ヴォルティスを率いるダニエル・ポヤトス監督は就任2年目。浦和に行ったリカルド・ロドリゲスの後を受けて就任した昨年、J1からの降格を味わったが今年も続投している。

リカルド・ロドリゲスと同じく若手のスペイン人監督。白いシャツがよく似合う43歳である。長くスペインのユース世代をみていたということで、我らがアルベル監督との共通点は多くありそう。

リカルド・ロドリゲスの成功を受けて、このポヤトス監督にチームの命運を託した徳島は、クラブとしての理念が固まりつつあるのかもしれない。降格したからといって、主力をがんがん引き抜かれたからといって、基本の考え方は変えない。こういうクラブがずっと残り、愛されるクラブになっていくのかもしれない。

アルビレックス新潟も、アルベル(ト)監督が吹き込んだ風を、松橋監督がしっかり継承し花開かせている。誰が出ても同じ質の高いサッカーを見せてくれている。目指すサッカーの基準がしっかりあるので、見る側は、勝敗以外でもゲームを評価できるポイントを見出しやすい。

文化を作ろうとしている点で、徳島ヴォルティスとはなんだか親近感を覚える。

激しい肉弾戦、ボールの支配権争いが見られた今節。

谷口海斗に久しぶりのゴールが出たことはほんとに好材料。難しい体勢、タイミングでの浮き球クロスをしっかりと捉えた。ストライカーらしいゴール。

1-1ドローで勝点1ゲット。ベガルタ仙台が破れてなんと首位に躍り出た。

うん、まだ、浮かれない浮かれない。

Share プリーズ
書き手は私

よろしければどうかご感想を!

※コメントは、サイト管理者による承認後、ページに表示されます。

あたたかい感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • 佐久間尭