キタックCGソリューションセンター

アルビ日記

2022-22:vs秋田 3-0

2022年06月20日(月)

PV 39

第22節「ホーム10連勝」

アウェーで負けてる秋田を振り切ってホーム10連勝達成。シマブク・カズヨシの1G1Aすばらしいです。ゴール後、みんなで喜ぶあの感じ。ピッチ、ベンチ、スタッフ、サポーターの一体感。

試合の背景

  • 6/19 日曜14:00キックオフ
  • @ビッグスワン
  • 新潟は首位、ここ5試合で4勝1分。秋田はなかなか白星が掴めない

試合ダイジェスト

【前半】
前半15分に左CKから新潟が先制。高木のクロス、混戦から漏れたボールを田上が右足で合わせブロックされたところを本間至恩がゴールラインギリギリで拾う。本間が中央に折返し、最後は松田が頭で合わせた。1-0で前半終了。

【後半】
新潟がボール支配、耐える秋田。1-0で推移したロスタイム、足を滑らせた秋田DFからボールをかっさらった本間が丁寧にラストパス。走り込んだシマブク・カズヨシがゴールに流し込む。さらにその後、今度はシマブクが一気にボールを運びゴール前、ラストパスを受けた伊藤涼太郎がループシュートでとどめを刺した。3-0で試合終了。

パスを回しながら探る

忘れられないのは第4節、雨の秋田

開幕から3連続ドロー、そろそろ勝点3欲しい…ほんとに欲しい…という状況で乗り込んだソユースタジアム。ブラウブリッツ秋田のパワーと団結力にやられた、悔しい負けだったなあ。

あれから3ヶ月。なんだか隔世の感がある。

リベンジしたいアルビのスタメン。

GK小島享介。DF藤原奏哉、舞行龍ジェームズ、田上大地、堀米悠斗。MF高宇洋、島田譲、松田詠太郎、高木善朗、本間至恩。FW谷口海斗。

舞行龍が復帰、田上と並ぶ。秋田FWとのエアバトルを迎え撃つのにふさわしいCBコンビ。

ボランチは2試合連続で高と島田のセットをチョイス。

4節の分まで取り返すかのように、今日のアルビはパスを回しまくった。序盤こそ前から奪いに来ていた秋田もやや撤退。2トップの武颯と吉田伊吹もアルビのボランチ付近で構える形に。

秋田の4-4-2ブロックはちゃんとコンパクト。変なスペースを発生させない守備。でもアルビは探る。パスを回しながら探る。どこかに穴はないか。ギャップはないか。ここにボールを出して相手をこう動かしたらここが空くんじゃないか。ゆったりボールを繋ぎながら、それを全員で探っていく。そして使えるスペースはちゃんとある。あるいは作り出せる。

アルビの8割近いボール支配。センターバックの2枚もハーフウェーラインを越えて押し込む。陣内に押し込まれた秋田。こういうストレス耐性はありそうだけど、実際どうなんだろう。選手けっこうしんどいと思うのだが。

試合前の秋田・吉田謙監督は「いい守備から鋭い攻撃」と言ってた。狙いはあったはずだが、ここまで押し込まれFWまで自陣に撤退すると、攻撃に鋭さは出ない。

セットプレーからアルビ先制。松田詠太郎、けっこう点をとってくれる。本間至恩もさすがのアシスト。あの判断スピード、クイックネス。

クラブ新記録

ロスタイム、途中出場のシマブク・カズヨシが結果を出す。本間のラストパスを受けてプロ初ゴール。その後、自陣からドリブルで持ち上がって独りロングカウンター。最後は並走してきた伊藤涼太郎に丁寧に渡して、絶品ループシュートのお膳立て。

シマブクが一気にヒーローになった。

今季のアルビはほんとに日替わりヒーロー。こりゃとうぜん盛り上がる。フロント陣のチームマネジメントの妙、としか言いようがない。素晴らしいチームづくり。

ホーム10連勝はクラブ新記録。でも松橋力蔵監督はあくまで冷静。記録に踊らされない。喧騒に身を委ねない。あくまで実直に。課題の整理と改善。ビジネスの世界でも結果を出しそう。

ブラウブリッツ秋田も、相変わらず骨太で、応援したくなる、好きなチームだ。限られた予算で、現実的かつサポーターに夢を与えるサッカーを目指してる。

終了後、吉田謙監督は、もう泣いちゃうんじゃないか、というくらいの表情でインタビューに応えていた。サッカーと言うよりは人生訓のような言葉をポツリ、ポツリ。「壁があったら乗り越えていく」。きっと彼は現代に甦ったサムライなのである。

Share プリーズ
書き手は私

よろしければどうかご感想を!

※コメントは、サイト管理者による承認後、ページに表示されます。

あたたかい感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • 佐久間尭