キタックCGソリューションセンター

しなのがわ劇場

私のおじさん

2020年06月20日(土)

樋口大輔

5

0

PV 54

おじさんの顔が、私は好きだ。
私のおじさんは、ふっくらとした、柔らかい顔をしている。

おじさんは、私にとても優しくしてくれる。
おじさんが経営している食堂にふらっと訪ねていくと、
おじさんはいつも

「やあやあやあ!」

と大きな声で迎えてくれる。

「なんでも好きなものを食べなさい!おいしいものは身体にもいいんだから!さあさあさあ!」

と言ってくれる。
私は、壁際のテーブルに座り、好きなものをもしゃもしゃと食べる。

おじさんはよく「日本に行きたい」と言っている。
若い頃、一度だけ日本に行ったことがあるそうだ。

そこでおじさんは空から降る白い粉をみた。
白い粉は、寒い日に空から降ってくる。そして地上に積もって、全部を白くしてしまう。
服も道も家も自転車も牛も。

「ユキ、というんだそうだ。本当にきれいだったよ。ここの海の青もきれいだけど、それと同じくらい、ユキの白もきれいだった」

「ここにユキが降ったら、ゴミは全部消えてしまうね」

「そうだ。全部消える。すごいんだユキは。おれはいつかユキの降る日本に行って、そこで食堂をやるぞ。アナンシャもついてこいよ」

「わかった。連れて行ってね」

私と私のおじさんは、半年に一回くらい、この約束を交わした。

おじさんはよく、色の話をしてくれる。
ゴミの灰色はぼんやりしていて実体がつかめない色、土の茶色はいろんなものを支えるたくましい色、火の赤は見る者を掻き立てもするし落ち着かせもする色、海の青は生命を感じさせてくれる色、そしてユキの白はすべてを包み込むような色。
私は色について思いを巡らす。食堂の壁によりかかりながら、何時間も考える。

「日本には、すごく腕のいいドクターがいるんだ。アナンシャの目も、きっとよくなる。見えるようになるよ。一緒にユキを見よう」

おじさんの顔が、私は好きだ。
私のおじさんは、ふっくらとした、柔らかい顔をしている。
その顔にさわるのが、私は好きだ。他の人よりやさしい感触をしてる。

おじさんと一緒に日本に行って、もしも目が見えるようになったら、白がどういう色か、分かるようになったら、おじさんの食堂で、好きなものを食べながら、おじさんと色についてたくさん話をしたい。

(938字)

Share プリーズ
書き手は私 樋口大輔

よろしければどうかご感想を!

この記事のタイトル
私のおじさん
感想を送るノート
お名前必須
メールアドレス必須
ご意見・ご感想必須

ご入力いただいた内容は、当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。メールの返信以外には使用しません。プライバシーポリシーに同意の上、お進みください。


表示された5文字の英数字を入力してください。

確認画面はありません。
いったんページの上部に戻りますが、問題なく送信されます。

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • 高橋未羽
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭