キタックCGソリューションセンター

contentmanagementsystem

自分で触りたいWeb担のためのTips集

制作会社が独自開発したCMSを採用すると、困ること

2022年08月17日(水)

PV 36

例えばWordpress以外の、制作会社が独自開発したCMSを導入する場合、いくつかのメリットと大きなデメリットがあります。ぜひ一度立ち止まって、しっかりと判断してください。

制作会社が独自開発したCMS

CMSとは

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは、Webサイトを管理するための仕組みです。多くの場合、管理画面が用意されていて、お知らせの更新ができたり、画像を保存しておけたり、ページを編集できたりします。

2022年夏現在、ダントツで多く使われているCMSはWordpress(ワードプレス)です。

CMSの中でWordpreeのシェア率は、80% を越えています(日本国内)。それ以外だと、1〜2%台のものがたくさんある、という状況です。

WordPressはみんなのもの

WordPressは、「オープンソース」という仕組みで開発されています。

「オープンソース」とは、プログラムのコードが誰でも見られる状態になっているシステムのことです。

WordPressは、有志の開発者が、(世界をより良くしていくために)開発を続けているシステムなのです。すごいですよね。

WordPressはみんなのもの

だから、誰でも利用でき、自由に拡張できます。

一般的なウェブ制作者(制作会社)なら、もちろん問題なく扱えます。

独自開発のCMS

一方で、制作会社が独自開発したCMSも、多数存在します。

ウェブ担当者の皆様なら、一度は提案を受けたことがあるのではないでしょうか?

これらはWordpressとは対照的に、その制作会社だけが扱うことのできるシステムです。「オープンソース」ではないから「みんなのもの」ではありません。「開発した会社のもの」です。

機能は千差万別ですが、メリットも多いでしょう。例えば、

  • 直感的に操作できる!
  • 業界に特化してる!
  • 管理画面が分かりやすい!
  • 簡単スマホ対応!
  • 導入費が安い!月額費用も安い!
  • サーバ費も込み!

こういう謳い文句をよく目にします。とても魅力的ですよね。

独自CMSの落とし穴

ですが、制作会社が独自に開発したCMSをおすすめされた時は、ご担当者さん、ちょっと一回立ち止まって、考えてみてください。よくよく検討してみてください。

独自CMSには、独自開発であるがゆえの大きな落とし穴があります。

それは

乗り換えづら

ということです。

「乗り換えづらい」CMSとは

CMSが「乗り換えづらい」とは、どういうことでしょうか。

例えばスマホで考えてみましょう。

同じ会社での機種変更は簡単にできますね。あと異なる会社間での変更も、今は電話番号を持ち越せるし、だいたいデータも引き継げたりで、以前に比べるとかなりスムースです。

これは各社とも同じ規格、同じシステムを使っているから。要するにiOSとかAndroidとかです。通信会社がdocomoとかauとかsoftbankで異なっていても、システムはだいたい共通しているから乗り換えやすいんですね。

docomoが気に入らなければ、私たちは簡単にauに乗り換えられます。

これをCMSに当てはめると、「乗り換えやすいCMS」は、ずばりWordpressです。なぜならみんなのシステムだから。

サイトがWordpressで作られていれば、いま付き合いのある制作会社・A社が気に入らない場合、別の制作会社・B社に乗り換えるのは容易でしょう。

WordPressはみんなが扱えるCMSだから、Wordspressで作られているサイトなら、だいたいどの制作会社でも引き継ぎ、管理できますし、リニューアルなんかもスムースです。

じゃあ独自開発のCMSは・・・

そうです、ここまで来るとお分かりだと思いますが、制作会社が独自開発しているCMSが乗り換えづらいのは、規格が違うからです(厳密には規格が開示されてないからです)。とにかくスマホみたいにお手軽に乗り換えできません。

制作会社独自のCMSは、先述の通りオープンソースではなく、閉鎖的なものです。他の会社は手出しできないのです。

なので、企業の経営者やWeb担当者が、「この制作会社やだ。他の会社にしたい。」とか「このシステムやだ。他のシステムにしたい。」とか「サイトをリニューアルしたい。」とか、そういう検討に入った時、多くの場合、大きな壁にぶち当たります。

どんな壁?

制作会社の独自CMSを乗り換えるときにぶち当たる壁

はい、これに尽きます。

サイトをリセットしないといけない

という。

Webサイトはいろんなデータで構成されていて、CMSはそれを管理するためのシステムです。Wordpressならデータの持ち方はみんな知ってます。なので引き継げますしリニューアルできます。

ですが独自CMSだとデータの持ち方はブラックボックスで、多くの場合、他の会社がデータを引き継げないようになってます。

なので、サイトを変えたい、制作会社を乗り換えたい、となった場合、泣く泣くサイトをリセットしてゼロからまた作り直さないといけなくなります。

ブログの過去記事がなくなったり。
検索エンジンで上位に来ていたページも、URLが変わって順位が下がったり。
そもそも制作コストがかかったり。

リセットしてゼロから作るとそういう事が起こります。

こわ。

こわいです。
もちろん独自CMSにもメリットはあるので、信頼できる会社からの提案なら、よく検討して決めてみてください。3年先のこと、リニューアルしたいときのこと、場合により乗り換えたいときのことなども訊いておくといいと思います。

Share プリーズ
書き手は私

よろしければどうかご感想を!

※コメントは、サイト管理者による承認後、ページに表示されます。

あたたかい感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • 佐久間尭