キタックCGソリューションセンター

自分で触りたいWeb担のためのTips集

【WordPress】アップした画像が勝手にリサイズされてしまう時は

2021年04月30日(金)

PV 58

今回は、Wordpressで「アップした画像が勝手に縮小されて困ってる」、「なんか粗くなる」といった悩みを抱えている方に向けた記事です。

オリジナル画像が勝手に縮小され「-scaled」とつく

結論から言うと、アップした画像のタテ幅かヨコ幅が2,560px以上の場合、自動的に2,560pxに縮小してしまう、という仕様なんです。

これは、Wordpressのバージョン5.3から追加された機能です。大きいサイズの画像がアップされて、サーバの容量を圧迫しないように、という配慮なんだと思います。

ちなみにWordpressのバージョンについてはこちらの記事をご覧ください。

オリジナル画像が縮小された場合、画像ファイル名に「scaled」と付きます。
例えば、「photo.jpg」という画像なら、「photo-scaled.jpg」というファイル名で保存されます。

そして、記事作成画面で何気なく「メディア」から画像を選択すると、このscaled付きの画像が選択され、なんか小さいな、とか、粗いな、とか、そういう事が起こってしまうわけです。

画像が勝手に縮小されないようにする

この、勝手に縮小機能をストップすることができます。

「Disable “BIG Image” Threshold」などのプラグインを使う手もありますが、このくらいなら、functions.phpに少し書き込むだけでいけます。

以下の1行を書き込んでみてください。

add_filter("big_image_size_threshold", "__return_false");

これで、大きい画像が自動的に縮小されることはなくなったはずです。

functions.phpは、Wordpressを制御するいろんなプログラムのコードを書くファイル!だから取り扱いは十分注意してくださいね!
できることなら制作会社に相談してみるのが得策よ!

Share プリーズ

よろしければどうかご感想を!

※コメントは、サイト管理者による承認後、ページに表示されます。

あたたかい感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


書き手は私

キタックCGSCコアメンバー

  • 樋口大輔
  • 小林将太
  • ちゃんまき
  • 高橋どらみ
  • 高橋皓一
  • 笠井
  • 石本
  • 佐藤サバ美
  • こめ
  • 佐久間尭